卒業生・在学生からのメッセージ・エピソード


                                                                 → 戻る

  経大は師との出会いのキャンバス ~ペスタロッチ的教育愛を学ぶ~
   経済学部経済学科  昭和43年3月卒業  池田 正勝 様

 故田中健一先生は、わが人生の師匠であった。夏期集中講義の場が、私の生き方を一変させ、進路について深く考えさせられた。
 師からは、教育行政学を受講し、その根幹である「機会均等の教育原理」を教えていただいた。卒業後すぐに師の紹介で、河内長野市立滝畑小学校(僻地2級、今は滝畑ダムの底に沈んでいる学校)へ赴任、念願の教職に就くことが出来た。始めて受け持った8人の子ども達との出会い、3年間滝畑での自炊生活は、教員生活のスタートであり、鮮明に心に刻まれている。
 その8人の仲間の一人、T君家族が昨夏、十勝の自宅に訪問してくれた。T君の奥さん、大学生の一人息子、同居されている祖母、義母の5人が北海道まで、大草原の小さな我が家に訪ねてくれたのである。お年寄りの二人は飛行機が初めてとのこと。食事をしながらの昔話は尽きない。然別湖の遊覧船から眺める景色の雄大さ、船のエンジンを止めて、船長自らガイド。思い出に残る交流の時であった。教師になってよかったと、胸に熱いものを覚える。
 北海道に移住して40年、定年退職するまで、僻地教育、障がい児教育にまい進でき、現在もここ道東、とかち帯広YMCAの子ども達、81名の幼児教育にかかわれるのは幸いである。次代を担う子ども達には、「童心神に通ず」の思いをもって日々接している。  
 これからも、恩師から学んだ機会均等の理論、ペスタロッチ的教育愛の実践に心がけたいと願っている。今も、大樟会、大樟教育研究会に連なり、遠距離ながらも参加できる機会を与えられていることは、経大魂「つながる力」と信じてやまないものである。

大阪経済大学創立80周年記念事業事務局
〒533-8533 大阪市東淀川区大隅2-2-8  TEL.06-6328-2431(代) FAX.06-6320-2156

 E-MAIL:80th@osaka-ue.ac.jp


ページトップへ戻る