17歳からのメッセージReport2011

17歳からのメッセージReport2011 page 34/48

電子ブックを開く

このページは 17歳からのメッセージReport2011 の電子ブックに掲載されている34ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
17歳からのメッセージReport2011

3317歳からのメッセージ17歳からのメッセージグランプリ学生審査員賞金賞銀賞奨励賞学校特別賞応募参加高校一覧その事件とは東日本大震災である。私はその時テレビを見ていて速報が流れた。とても大きな揺れで心配した。まず何より驚いたのはマグニチュードの大きさ。九・〇という数字、私がまだ小さいころに起きた阪神淡路大震災よりはるかに大きい数字であることが分かる。今もなお続いている余震。本当に生活に困っている人が何千人、何十万人といる。その時私は自分の利益だけを求める仕事を目指してていいのだろうかと心のどこかでモヤモヤとした気持ちがあった。そこで私は決心した。どんなささいなことでも人を救ったり助けたりする仕事につこうと決めた。人を助けることがどれほど大事なのかということを皆さんにも分かっていただきたい。広島県立廿日市西高等学校(広島県)工藤瑞稀さん同年代の力先日、東北地方で大地震が起こり、今でも被災者の人たちは一刻も早く復興を願っている。そんな中、私はニュースを見て感動したことがある。それは、私と同年代である高校生の働きぶりだ。地震が起きてまもない頃、人々の食事は量の少ない配給方式だった。人手も少なく困っていると被災地の高校生の数人が自ら手伝いに行っていたのだ。ある一人は、「少しでも力になれれば……。」と言っていた。またもう一人は、津波などによって汚れてしまった家の中をきれいにしに行っていた。一生懸命汚れを落している姿はとてもたくましかった。このようなニュースを見て、人間の行動力はすごいなと感動した。そのうえ、高校生の力でたくさんの人が助けられ、感謝されている。自らの意志で行動を起こすことができる力は、とても必要なことだけれど、なかなか勇気がでないことが多い。しかしこの高校生を見ると、見習うことが多くある。私はこれから、このような自らの意志と実行力が必要になると思う。さらに、そうすることによって人々が喜べるとなおさら良いと思う。大分高等学校(大分県)浦野亜也奈さん強い人間になるために。「どうして私ばかりこんな目に合うのだろう。」嫌なことや辛いことがあると必ず私が口に出す言葉である。ちょうどあの日もそう思っていた。ほんの小さな出来事がきっかけで、嫌な気持ちになっていたから。もやもやした気持を忘れさせるために、テレビを見ようとリモコンのスイッチを押した。するとそこには、東日本大震災にあわれた方々のみなさんが笑顔で復興に向けて助け合っている映像がうつっていたのだ。この映像を見た時、私は自然に涙が出ていた。もやもやとした気持ちはあっという間に無くなっていた。小さなことで悩んでいたことを思うと、改めて自分が弱い人間だったことに気付かされた。私以上に辛い思いをしている人がたくさんいるというのに、どうして私ばかりこんな目に合うのと思っていた自分に腹が立った。復興に向けて助け合っている被災者の人々は、みんな笑顔だった。被災者のみなさんの笑顔を見た私は、大きな大きなパワーをもらった。元気をもらった。明日からまた頑張ろうと思った。そして、「小さいことでくよくよ悩むのはやめよう。」そう思った。今までの自分は小さくて弱かった。けれど、これからは大きくて強い人間になろうと思う。そして、元気をくれた被災者のみなさんに「ありがとう。」が言いたい。私にできることがあれば絶対したい。恩返しをさせてもらいたいと思う。鹿児島県立大島高等学校(鹿児島県)稲澤尚子さん無題ある時、私は友人と2人で自転車をこいでいた。静かな雰囲気の通りを走っている時、友人と2人で、将来はゴチャゴチャした都会より、こんな雰囲気の場所に住みたいよね、という話になった。そして私は、近所の人同士仲が良くて、もし子供がいたら集落のおじいちゃん・おばあちゃんと共に育てられるような雰囲気のところがいいな、と続けた。しかし友人はその逆だった。近所付き合いが密接すぎると少し苦に感じるようだ。私は、奄美大島で生まれ奄美大島で育ってきた。中学生までの間に4つの集落に住み、どこの集落でも人の温かさにふれることができた。近所のおばあちゃんが家に野菜をもってきてくれたり、道で会えばあいさつを交わしたりしていた。でも、確かに友人の言う通り、干渉されることや近くで見られすぎていることを苦に思ったこともあるかもしれない。それでも私は、温かい人のつながりが好きだった。今の日本はそのような人と人とのつながりが薄くなっていると聞いたことがある。確かに人の多い都会では、近所付き合いなどなかなかできないのかもしれない。でも、隣に住んでいる人の顔や名前を知らないのは寂しいことのような気がする。東北の人々も地域の人々みんなで力を合わせて頑張っている。こんな辛い時に、人のつながりは大切になってくるのではないか。テーマ今、これだけは言いたい!(自由課題)3東京女子学園高等学校(東京都)内田絢子さん今こそ伝えたい言葉私は今回の震災を体験して「人に伝えたい思いは、その時・その場で伝えるべきだ」と改めて実感した。その時に私は、まだ伝えられていない言葉があったことを思い出した。中3になったばかりの4月のある日。私は誰かに革靴を盗まれた。私は訳もわからず、とりあえず家に帰った。家族に心配させたくなかったので、家では泣かないと決めた。夜になり「明日の靴どうしよう」と思った。家にたまたま、もう一足あったのは知っていたが、全く履いていなかったので、汚らしくて、あんなので行くぐらいなら明日の学校を休みたい…と思った。寝ようとした時、玄関から何か擦る音が聞こえてきた。覗いてみるとそこには、あの汚らしい革靴を懸命