ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
100/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている100ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

第1部経営学科ビジネス法学科卒業必要単位数経営学部●第1部経営学科にはインターンシップ、特殊講義などが配置されています。※インターンシップは、履修最高単位には含まずに履修することができます。ビジネス法学科では(D)演習科目に属しています。●ビジネス法学科には経営系の科目が配置されています。就職活動や職業選択に役立つ科目が配置されていますので、できるだけ履修するようにしましょう。●他学科(第1部経営学科、ビジネス法学科、第2部経営学科のうち、あなたの属していない学科)の科目を履修することができます。ただし、別表に定める同種科目は重複履修することができません。●学部間で開放された科目で、他学部が提供している科目や語学科目、キャリア科目を履修することができ、14単位(※) (a)インターンシップ、外国書講読、(a)経営系の科目各種特殊講義(b)他学科(第1部経営学科、ビジネス法学科、第2部経営学科のうち、あなた(C)選択科目の属していない学科)の科目を含めることができる。ただし、別表に定め24単位以上る同種科目は重複履修できない。(c)本学部に配当されていない全学共通科目(2)で修得した単位を最大14単位(※)まで含めることができる。(d)教養関連科目まで卒業必要単位数に含めることができます。各学部が定めた配当年次に履修することができます。(※)ただし、全学共通科目(2)のキャリア科目は4単位まで⑤学科専門科目/(D)演習科目(第1部経営学科)(D)実習・演習科目(ビジネス法学科)【専門演習(ゼミナール)】演習は、特定の教員の指導のもとに、学生のみなさんが自ら研究し、発表・討論する形式の少人数教育です。演習は、所属する学科の教員から選択します。演習は、2年次秋学期から「演習Ⅰ」(2単位)※が始まり、3年次春学期の「演習Ⅱ」(2単位)と秋学期の「演習Ⅲ」(2単位)を通じ、4年次通年の「卒業研究」(4単位)まで2.5年の一貫した教育です。「卒業研究」では、大学4年間の集大成として卒業論文を作成します。なお、ゼミ応募の参考のため、毎週1名の教員が1回ずつ自らの専門に関する講義をし、春・秋学期あわせて30人を知ることのできる「経営と法の融合Ⅰ・Ⅱ」を開講しています。ぜひ1年次に履修してください。自分にとって興味のある分野や教員を見つけ出すことができ、より大学生活を充実させることにつながります。※「演習Ⅰ」(2単位)は、通常、週1回90分ですが、教員によっては「演習Ⅰ」と「特別演習」をセットで開講し、180分実施する場合があります。こうした教員を選んだ学生は、「演習Ⅰ」と「特別演習」をセットで履修する必要があります。(D)「演習Ⅰ(2単位)」(+「特別演習(2単位)」)、「演習Ⅱ(2単位)」、「演習Ⅲ(2単位)」、「卒業研究(4単位)」は、すべて選択科目です。これらの科目はゼミナール(ゼミ)と呼ばれ、大学で一番記憶に残ることが多い内容の濃い科目です。2年次秋学期から2年半の間、学生のみなさんは所属した教員の指導のもとに、関心や興味のあるテーマに関する調査、分析、考察をおこないます。この科目は、1ゼミ16名程度の少人数制で開講され、指定された資料を講読して、様々な課題について討論や発表(プレゼンテーション)したり、場合によっては調査・研究をしたり、また現場B-14