ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
90/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている90ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

学科を選択したひとは、日々変化するビジネス環境に対応する企業経営の基礎知識を習得することを目指します。そして、ビジネス社会の全体図を獲得し、ビジネスを戦略的に理解できる力(「君子不器」のセンス)を獲得しなければなりません。いまそのスタートラインに立っています。経営学部ビジネス法学科を選択したひとへ企業経営は儲かればよいのだというものではありません。企業は市民が居て初めて存在するものです。経営内容の理念の一つに「市民の福利向上」がなければいけません。このような「市民の福利向上」を持つことによって初めて企業は社会にその存在を容認されるのです。それを実践できるのはスマートな企業倫理やビジネス法を体感・体得している企業のみです。本学科を選択したひとはそのようなスマートな企業経営を実践できる「君子不器」のセンスを修得することになります。第2部経営学科を選択したみなさんへ本学科を選択したひとは、すでにビジネス社会において進むべき道を歩みだしているひとです。ひとつひとつのビジネス情報は日々のビジネス社会で経験を通して体得していく経験知です。しかし、そのビジネス情報はばらばらです。それを体系的、理論的にまとめることが必要です。すなわち、体系知の獲得です。幅広い学問を身に付け体系化・理論化することで、タイミングよく経験智を実践に反映できるのです。それでこそ信頼されるビジネスパーソンになれるのです。来たるべきビジネス社会に踏み出すまでの学生期間を有意義なものにして欲しいと思います。学生期間は人生で一番恵まれた条件のもとにある期間です。よく考え、よく知識を蓄え、「君子不器」のセンスを獲得して悔いのない人生を送るための期間にしてほしいと思います。足下を見つめて人生の足場を固めよ。B-4