ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
99/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている99ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

【再履修について】必修科目が不合格となった場合は、必ず再履修して単位を修得しなければ卒業することはできません。③学科専門科目/(B)選択科目「(B)選択科目」には、各学科の主要な科目が配置され、「基幹科目」、「展開科目」、「融合科目」の3つに分類されています。経営分野の基幹的位置づけである「基幹科目」を履修した後に「展開科目」へ、さらに「融合科目」へとすすめてください。そして、できるだけ低年次の科目(配当年次が2・3・4の場合は2年次)から先に履修することをおすすめします。第1部経営学科ビジネス法学科卒業必要単位数基幹科目経営管理論、経営組織論、基幹科目民法Ⅰ(総則)、民法Ⅱ(物権)、経営戦略論、原価計算論等企業取引法等展開科目展開科目(B)選択科目経営史、企業論、憲法、行政法Ⅰ(行政作用法)、ベンチャービジネス論、行政法Ⅱ(行政救済法)、不動産法、44単位以上リーダーシップ論等国際取引法、家族法等融合科目融合科目民法入門、民法Ⅰ(総則)、流通論、財務管理論、民法Ⅱ(物権)等リスクマネジメント等(B)選択科目の卒業必要単位を超えて修得した単位は、(C)選択科目の単位に振り替えることができます。経営学部【特殊講義】特殊講義は、基本的な知識を学ぶ内容と、より専門的な企業経営に関する知識を学ぶ内容があり、必要に応じて開講されます。特殊講義には経営学特殊講義、ビジネス特殊講義、法学特殊講義があります。それぞれの科目は『時間割表』と『シラバス(Web)』で内容を確認のうえ、履修してください。これらの科目はそれぞれ複数科目が開講されています。副科目名(サブタイトル名)が異なれば別科目とみなされますので、複数科目の修得が可能です。④学科専門科目/(C)選択科目「(C)選択科目」には、経営系の科目や実務科目、資格取得のための科目、他学部が提供する科目、語学科目、キャリア科目、教育職員養成課程配当の「教科に関する科目」でもある教養関連科目などが配置されています。学科専門外の分野である英語などの外国語や教養としての人文科学、自然科学および社会科学科目などを学ぶことは、将来、経営学部生にとって実りある社会生活、ならびにさまざまな社会現象を学問的に捉え、かつ広い視野に立ったものの見方を習得することが可能になります。B-13