学部/大学院・教育内容

専攻科目一覧

カリキュラム紹介

情報社会学部 情報社会学科

*1…英語、中国語、朝鮮語、ドイツ語、フランス語、スペイン語から2ヵ国語を選択。
*2…①~④までそれぞれ1科目2単位以上を修得しなければならない。

1年次2年次3年次4年次
春学期
秋学期
春学期
秋学期
春学期
秋学期
春学期
秋学期
全学共通科目
外国語科目*1○○語Ⅰ・
△△語Ⅰ
○○語Ⅱ・
△△語Ⅱ
○○語Ⅲ○○語Ⅳ
広域科目*2①思想と文化 ②歴史と社会 ③健康とスポーツ ④自然と生活 ⑤共通特殊講義 ⑥キャリア科目
学科専攻科目
基幹科目基礎社会学/社会調査リテラシー/企業分析の基礎/基礎経営学/現代社会とコンピュータ/情報リテラシー基礎
コース
導入
科目
メディア・コミュニケーション論/社会調査論Ⅰ/基礎経済学/企業経営論/会計基礎論Ⅰ/情報リテラシー応用/プレゼンテーション技法
国際社会論/ソーシャルネットワーク論/経営・経済基礎論/情報システム基礎/情報コミュニケーション論
コース科目現代社会の社会学/ボランティア論/社会調査論Ⅱ/会計基礎論Ⅱ/英文会計/財務会計論/簿記システム論/原価計算論/ロジカルシンキング etc
情報メディア論/広告論/比較文明論/時事国際関係論/社会情報学/消費社会論/イノベーション論/金融機関論/企業ファイナンスⅠ・Ⅱ/環境問題と企業/ロジカルコミュニケーション/ファシリテーション基礎・実践/情報セキュリティ論/Webデザイン論/情報と職業/Android プログラミング etc
社会調査演習Ⅰ・Ⅱ/シミュレーション/ゲーミング
選択科目情報社会特殊講義
時事金融論/コンピュータ統計学/経営統計学/Cプログラミング/Javaプログラミング etc
社会起業論/教育問題と社会/地域コミュニティ論 etc
演習科目情報社会学部基礎演習演習Ⅰ演習Ⅱ演習Ⅲ卒業研究

授業紹介

基礎社会学

社会学の基本概念を理解する

社会学の歴史や基本概念を学習。家族・都市・社会病理といったさまざまな切り口から現代社会を分析し、社会学的思考・発想を理解することを目指します。
(担当教員:難波孝志)

マスコミュニケーション論

インターネット時代におけるジャーナリズムの意味と課題に迫る

SNSなどの台頭により誰でも社会の出来事を記述し他者に公開することができる時代となった現代社会において、ジャーナリズムとは何かを再考します。
(担当教員:林怡蓉)

経済情報分析

各種統計を理解しデータを加工・分析するスキルを身につける

経済・ビジネス分野の統計データをインターネットから入手し、その読み方、分析手法を幅広く学びます。グラフの作成や分析にはMicrosoft Excelを用います。
(担当教員:細井真人)

原価計算論

経営の中心にある原価計算の技術を習得する

原価計算は企業経営の中心にある問題です。テキストと問題演習を中心に、簿記2級程度の基礎的な原価計算のスキルを身につけることを目指します。
(担当教員:浅田拓史)

空間情報処理応用

地理情報システムの操作と応用方法を学習する

地球規模の環境問題から地元商店街の商圏まで、空間と関連付けられるあらゆる情報を分析するために、地理情報システム(GIS)の操作や応用方法を学びます。
(担当教員:草薙信照)

情報通信ネットワーク論

インターネットの情報技術と仕組みを基礎から理解する

ネットワークの基礎となるLANの特徴と機能、制御方式、ネットワークシステムの構築や運用管理、セキュリティ技術についての理解を目指します。
(担当教員:中村健二)

科目一覧

(A-1) 基幹科目

基礎社会学、社会調査リテラシー、企業分析の基礎、基礎経営学、現代社会とコンピュータ、情報リテラシー基礎

(A-2)コース導入科目

①社会
メディア・コミュニケーション論、社会調査論Ⅰ、国際社会論、ソーシャルネットワーク論

②経営・経済
基礎経済学、企業経営論、会計基礎論Ⅰ、経営・経済基礎論

③情報
情報リテラシー応用、プレゼンテーション技法、情報システム基礎、情報コミュニケーション論


剰余の単位は、(c)区分に振り替えることができる。

(B)コース科目

①現代社会コース
現代社会の社会学、ボランティア論、社会調査論Ⅱ、消費者行動論*1、マスコミュニケーション論、コミュニケーション論*1、情報メディア論、ポピュラーカルチャー、ユースカルチャー、広告論、広告ビジネス論*1、広告表現論*1、比較文明論、ヨーロッパ研究*3、欧米文化論、国際文化論、時事国際関係論、家族社会学、ジェンダー論、社会政策、社会保障論、高齢者福祉論、社会福祉論、地域社会学、地域政策、農村政策、地域文化論、社会情報学、消費社会論、科学技術社会論*4Ⅰ・Ⅱ、社会統計学Ⅰ・Ⅱ、アンケート分析法*3、インタビュー調査法、都市社会学*3、教育社会学*3、社会調査演習*3Ⅰ・Ⅱ、現代社会特殊講義

②経営・経済コース
会計基礎論Ⅱ、英文会計、原価計算論入門*1、財務会計論、簿記システム論、原価計算論、経済情報分析、ビジネスプランニング、流通システム論、流通情報システム、マーケティング論、マーケティング戦略論、国際経済論、国際経営論、中小企業論、生産システム論、イノベーション論、先端技術論、経営戦略論、ディスクロージャー制度論、金融商品取引法、金融機関論、企業ファイナンスⅠ・Ⅱ、計量ファイナンス、証券市場論、コーポレートガバナンスⅠ*3、コーポレートガバナンスⅡ*4、金融リテラシー*3、環境問題と企業、ミクロ経済学*3Ⅰ・Ⅱ、現代社会と労働*3、労働経済学*3、経営・経済特殊講義

③情報コミュニケーションコース
ロジカルシンキング、ロジカルコミュニケーション、ファシリテーション基礎、ファシリテーション実践、ディベート演習、情報通信ネットワーク論、企業情報システム論、社会情報システム論、eビジネス論、情報セキュリティ論、身体情報処理基礎、身体情報処理応用、空間情報処理基礎、空間情報処理応用、Webデザイン論、実践Webデザイン論*3、情報システム応用、データベース論、情報システム設計、ヒューマンインターフェース、情報と職業、情報数学Ⅰ・Ⅱ、情報社会と倫理、情報システムの法的保護、ゲームデザイン論、実践ゲームデザイン論*3、Androidプログラミング、シミュレーション、ゲーミング、情報コミュニケーション特殊講義


所属コースの中から20単位。
剰余の単位は、(c)区分に振り替えることができる。
所属コース以外の科目も履修可能。ただし、これらの科目は全て(c)区分の単位となる。

(C)選択科目

(C-1) 発展科目
認知科学、経営戦略会計論*2、時事金融論、コンピュータ統計学*3、経営統計学*3、アルゴリズム論、実践アルゴリズム論*3、Cプログラミング、ビジュアルプログラミング、Javaプログラミング、コンピュータ経済学、情報科教育法Ⅰ・Ⅱ、経営工学、アンケート調査法*3、会計と歴史、コンピュータ会計論、社会起業論、地域社会と金融、教育問題と社会、地域コミュニティ論、財務諸表分析Ⅰ・Ⅱ、インターンシップ、職業指導*3、情報社会特殊講義

(C-2)
全学共通科目(2)の中から、最大28単位まで。

(A)、(B)区分の剰余の単位、および全学共通科目(2)の単位を含めることができる。

(D)演習科目

情報社会学部基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、卒業研究

演習科目12単位のうち卒業研究(4単位)は必修である。
情報社会学部基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲを修得できない場合は(B)、(C)区分から演習代替科目として8単位修得しなければならない。
また、演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲは必履修科目のため必ず履修しなければならない。
卒業研究を修得できなかった場合は、(B)、(C)区分から新たに2科目4単位を修得し、代替することができる。

*1の科目は、2017年度より追加・変更になった科目。

*2の科目は、2017年度に廃止となった科目。
*3の科目は、2018年度より追加・変更になった科目。
*4の科目は、2018年度に廃止となった科目。

※2016年度入学生が「職業指導」(4単位)を修得した場合、卒業要件には含まない科目となります。