学部/大学院・教育内容

カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

経済学部

経済学部では、本学の教育目標に則って、現代社会で活躍し幅広く貢献できる人間を育成するための教育研究プログラムとキャリアサポートシステムを提供している。これにより、普遍的に存在する経済事象を理解し、現代の経済諸問題に対する解決策を見出すための学士力を身につけることができる。
経済学部のカリキュラムは3つの柱から構成される。1)すべての経済学部生が共通に学ぶ学部基幹科目群(A区分)、2)コース毎に設置された専門科目群(B区分)、3)少人数の下でさらに深い専門知識を身につけるための演習科目群(D区分)の3つである。
第1の柱である学部基幹科目群(A区分)では、「マクロ経済学(基礎)」、「ミクロ経済学(基礎)」、「経済理論(基礎)」の3科目を1年次の必履修としている。また、情報化社会に対応する基礎力をつけるために、「情報処理入門」、「情報処理基礎」の2科目も1年次の必履修としている。さらに、専門科目を学ぶ前のステップとして、「金融論」、「経済政策」、「国際経済論」、「日本経済史」、「地域政策」、「社会政策」などの基礎科目を1年次から履修することでスムーズな学習過程が形成されるように配慮している。
第2の柱は、7つのコースに分かれる専門科目群(B区分)である。これは、経済学部のカリキュラムの最大の特色であり、経済学の特定分野に関する専門知識をより体系的に、より深く修得できるようにつくられた履修制度である。具体的には、[1]産業と企業コース、[2]金融コース、[3]公共政策コース、[4]くらしと環境コース、[5]地域経済とまちづくりコース、[6]国際政治経済コース、[7]グローバル・コミュニケーションコース、の7コースを設置している。各コースには定員を設定せず、すべての経済学部生が希望するコースへ所属できるように配慮している。これにより4年間の学びの核となるものを形成できるようにする。
第3の柱は、演習科目群である。1年次春学期には、入学後すみやかに大学での学習生活に入れるように「経済学部基礎演習Ⅰ」を必履修化している。1年次秋学期にも「経済学部基礎演習Ⅱ」を配置することによって、演習形式による学習スタイルを確立させる。専門演習は2年次秋学期よりスタートし、「演習Ⅰ」、「演習Ⅱ」、「演習Ⅲ」、「卒業研究」という一貫した少人数教育を行っていく。この継続的な少人数教育によって、読む力・書く力・考える力・話す力といった基礎力を身につける。自分で経済社会における問題を発見し、その解決への道筋を経済理論に基づきながら模索し問題解決へ導くという経済学士としての力を身につけることが可能となる。その集大成として、4年次には卒業研究において卒業論文を作成する。
また、上記の3つの柱以外にも、学生の探究心や学習意欲をいっそう向上させるため、「地域・社会調査」、「ボランティア論」、「工場見学」、「海外実習」、「海外英語研修」といった地域社会・国際社会に触れることのできるフィールドワーク系統の科目も充実させている。さらに、3年次には「企業実習」、「自治体実習」の科目を用意することで、学生の進路選択の手がかりとなる科目を履修できるようにしている。

経営学部

本学部は、「経営と法の融合」を学部全体のカリキュラム・ポリシーのベースにし、かつ基本的には1・2部経営学科、ビジネス法学科においてそれぞれ固有の専門科目とカリキュラム体系を有しています。本学部が求める学生像として、新しい環境のもとでの「ビジネス」の仕組みや手法を構想・実現できる人材を想定しています。そのため、学術的な理論の講義・演習とともにケース・スタディやグループ・ワークなどを活用した科目も設置しています。授業は、入学者の目的や利便性に配慮し、大隅キャンパス(主に一般学生対象)と北浜キャンパス(主に社会人編入学生対象)の両キャンパスで行っています。
経営学部の3学科は、共通の理念を持ちますが、その教育課程の内容には特徴があります。例えば、いずれも経営学、ビジネス法学および関連諸分野を理論的、実践的に学べるような授業科目を配置していますが、1部経営学科では特に経営学に重心を置き学修でき、ビジネス法学科では特にビジネス法学に重心を置き学修でき、2部経営学科では本人の希望により両分野を自由に学修できるような教育課程を編成しています。
本学部は1部経営学科とビジネス法学科に共通する2つの「スペシャリスト養成コース」(コンサルティング・税法会計)を備えています。同コースは、それぞれ専門的職種や大学院に直結する独自のカリキュラム体系からなります。2つの学科・2つのコースは、いずれも共通科目、学科基礎科目、学科専門科目、専門演習(ゼミナール)に分けられ、卒業要件となる履修体系があります。加えて、「製造業・流通業・金融業・不動産・公務員」という6つの進路別履修モデルも示されています。また、2部経営学科は、経済的に困難な社会人に対応するため、1部の約半額の廉価な学費で4年間に卒業できることを目指した教学プログラムを実現しています(北浜イブニングスクールは、2部経営学科の編入クラスとして同様の教学プログラムが置かれています)。そのため、2部経営学科は昼間部の科目取得も一部卒業認定科目とされており、必修科目を設けず、資格取得や職業能力の向上を目指したカリキュラムになっています。さらに、「営業、「経理」、「人事」、「法務」といった職種別履修モデルも現在策定しています。
以上のように、経営学部の1・2部経営学科、ビジネス法学科は、それぞれ育てていきたい「学生像」のもと固有の教学システムを持ち、理論と実践を総合的に学修できるカリキュラム・ポリシーを持っています。

情報社会学部

大学で学びながら専門分野を決めることができるようにカリキュラムを編成しています。
今の多くの学生にとって、大学入学前に専門分野を決めるのは早過ぎます。まず「基幹科目」を広く学び、そこでみつけた自分の関心に沿って所属コースを決めながら「コース科目」を履修できるように、緩やかなコース制をとっています。
関心が途中で変わることがあれば、コースを変更することもできます。また関心が複数のコースに広がれば、所属するコース以外のコース科目を履修することもできます。学習しながら関心が変わったり、あるいは広がったりすることも、大学で学びながら成長していくことのひとつの指標です。特定の分野をより深く学びたい学生のためには多数の「発展科目」を開講しています。

人間科学部

人間科学部では、ディプロマポリシーに示した能力を学生が身につけられるように、以下の方針でカリキュラムを編成します。
1.「現代心理学コース」「スポーツ健康コース」「メディア社会コース」の3つのコースを設け、各コースにおいて専門的な知識と技能を体系的に学べるようにする。
2.人間について多角的・総合的に探究したい学生のために、柔軟な科目選択が可能な学際履修プログラムを提供する。
3.1年次では、問題意識の涵養とともに協働性を培い、2年次からはコースに所属し、実習授業等を通じて学問的な思考法や方法論の確かな修得をめざす。
4.3年次からは、自らの研究テーマの発見と、文献やデータの収集・分析・考察を他の学生と切磋琢磨しながら進め、4年次の卒業研究においてその成果を集大成する。
5.学生自身のめざす目的に応じた学びのガイドとして、「ライフ・クリエイト学習プラン」を提供する。