学部/大学院・教育内容

アドミッションポリシー

北浜キャンパス社会人大学院のアドミッションポリシーをご紹介します。

アドミッションポリシーとは、学校の教育理念や目標、特色を説明し、その上で学生に求める能力、適正等についての考え方を定めたものです。各研究科のポリシーは次のとおりです。

経営研究学科 修士課程

教育目標

経営学研究科修士課程では、『経営と法の融合』を学際的に教授することによって、新しいビジネスの仕組みを構想し実現できる人材の育成を目標としていま す。経済社会のグローバル化や情報化が進展しさらに組織のコンプライアンスやコーポレートガバナンスなど社会的責任が増大する状況下で、経営と法の両面に 精通し、新しいマネジメント体系を具現化できる専門性の高い研究者・職業人そして企業人が求められています。時代の要請に応えるために、本研究科では、企 業の社会的責任を根底にした革新的経営を追求する企業家精神を涵養し、学術理論の教授とともにケーススタディやグループワークなどを通じて、人材養成の目 的に即した実践的能力を育成します。実社会に通じる専門性を追求するために、「経営コース」と「ビジネス法コース」の2コースを設置し、「MBA型教育」 を展開しています。

求める大学院生像

本研究科が求める大学院生は、上記の教育目標に共感し、経営と法の両面に精通し新しいマネジメント体系を構想・実現したいという強い意欲を持った人々で す。年齢や職業などは問いません。実際、企業経営者や管理職などの企業人、税理士や中小企業診断士などの専門職業人、研究者志望などの留学生や一般学生た ちも大学院生として受け入れています。また、税理士や不動産鑑定士、中小企業診断士の資格取得を目指す人たちも対象となります。(一定の審査要件がありま すが、大卒以外の人にも門戸を開いています。)

経営情報研究科 修士課程

教育目標

経営情報研究科修士課程は、経営学、情報学の両分野を学際的に教授し、特に企業活動を支える情報分野、即ちファイナンス・アカウンティング分野およびビジ ネス情報システム分野に関する知識と諸技術に秀でた高度な専門性と技術力を備えたプロフェッショナル人材の育成を目的としています。

求める大学院生像

学部卒業生に加えて、社会人や外国人留学生など多様な人材を広く受け入れ、理論と実践を複合的に学習・研究する次のような学生を求めています。

1.「経営情報専門家モデル」「企業財務専門家モデル」「情報教育専門家モデル」の3つの専門家モデルを提供する大隅キャンパスでは、高度専門性を有する社会人を目指す、もしくはさらに後期課程進学を目指す学生

2.社会人を対象とし「アカウンティング&ファイナンス・コース」を中心に提供する北浜キャンパスでは、実務経験で得た専門性を理論・実践の両面からさらに拡大・強化し高度金融・会計人を目指す学生