お知らせ・ニュース

ニュース

スポーツ海外実習(ビジネス)in 上海 2017

2018年03月30日(金)

スポーツ海外実習(ビジネス)in 上海 2017

第1回 スポーツ海外実習(上海)が3月11日~17日の7日間で行われ、
人間科学部スポーツ健康コースの学生10名と引率教員1名が全員無事に帰国しました。
 この実習では、上海体育学院での特別講義の受講や上海市の国家スポーツ施設や学校体育現場等の視察、留学生との国際交流を行いました。

1.上海体育学院での特別講義
朴先生による大学案内および大学施設の見学、郭先生の水泳実習およびスポーツトレーニングについて、鄭先生の解剖実習、金先生の中国スポーツ政策、福祉政策に関する授業を受講しました。
また、日本から上海体育学院の大学院へ留学中の方に留学体験記についてもお話をしていただきました。

2.スポーツ施設の視察等
上海市国家トレーニングセンターや付属中学校の体育授業も視察しました。
トレーニングセンターは、上海市の有望な選手が寮生活を送りながら練習に取り組む拠点であり、室内の陸上競技場や、巨大な卓球練習場、カヌー等の練習施設もありました。付属中学では、実際に在校生に弓矢の指導をしてもらい、挑戦してみました。

3.スポーツ、文化交流プログラム
上海雑技団やディズニーランド、外灘や田子坊散策など中国の文化や社会にも触れました。
また、スポーツや食事会を通して世界中の学生たちと交流を深めました。
お世話をしてくれた留学生のみなさん、ありがとうございました。
また、プログラム以外にも町を歩き、スポーツやパーティー等で世界中の留学生と積極的に交流を深めました。参加した学生にとって「刺激」と「気づき」にあふれた実り多い時間となりました。

Aさんの感想(2年・男子)
積極的に他の大学生や留学生とのコミュニケーションを取ることができた。留学生とコミュニケーションを取ることで語学に魅力を感じ、自分の視野がとても広くなった。語学に魅力を感じてから日本に帰ったら英語を勉強しようと強く感じた。他の大学生とは何気ない話ばかりだったが将来の夢やしたいことを話し合うことで自分にとって良い刺激になった。他にも講義を真剣に受けることができ、上海体育学院や中国のスポーツ事情について学ぶことができて良かった。スポーツ海外研修で学んだことをこれからの学校生活や将来に活かすことができれば良いと感じている。

Bさんの感想(2年・男子)
 2日目のバスケットボール大会で、日本人だけではなく韓国人やインド人、ヨーロッパの国々の方たちと共に行った。言葉は通じなくてもスポーツを楽しむということは世界共通で、勝ちに向かって協力するチームスポーツの良さを日本にいる時よりももっと感じた。
今回の実習は人生の選択の幅を広げる良い機会だったなと帰国して改めて感じた。このような体験を多くの学生に経験してほしいというのが実習を終えて大阪経済大学の学生に伝えたいこと。この実習を経験でき、良かったと心から思っている。

Cさんの感想(1年・女子)
 私はこの海外実習で何か学べることがあったらいいなと思い、参加しました。日本人は中国に良くないイメージを持っている人が多いと思います。私もその一人でした。でも行ってみると日本人は偏見を持って避けすぎだなと感じました。「普通」が国によっても人によっても違うと知ってとても納得できました。みんながこの考えを持つともっと偏見が少なくなり尊重し合えるのではないかと思いました。そして、何事も行ってみないとやってみないとわからないと気づくことができました。
私が参加して一番プラスになったと思うのは、良い出会いばかりでたくさんの刺激を受けたことです。普段話せない他大学の人たちや、いろんな国の人と話すことができ、自分がしたいことや悩んでいたことが小さく感じ、視野が少し広がりました。何かを頑張っている人や海外経験が多い人もいて、自分のモチベーションも上がったので、今できることを全力で楽しんで自分のプラスにしていきたいです。留学生や他大学の子とSNSを交換し、日本に帰ってきても連絡を取っている人もいるので、この出会いを大切にまたみんなと会えたらいいなと思います。初めは不安ばかりで一日一日が長かったけど、最後は1週間じゃ足りない、帰りたくないと思えました。
 そして、もっと外国に行っていろんな経験がしたいと思うようになりました。口に合わない食事をしたことも、日本ではできないことをしたことも、慣れない環境に戸惑ったことも、通じない言葉で頑張って会話したことも、すべてが新鮮で良い経験になりました。さらに、日本の良さにも改めて気づくことができました。毎日家族や友達と過ごし、おいしいご飯が食べられて、湯船に浸かれて、普段の生活が幸せなんだと実感しました。
一週間でとても貴重な経験ができました。毎日濃い思い出が作れて、先生方、留学生、両親などたくさんの人に感謝です。自分を見つめ直すこともできて考え方も変われて、参加して良かったと心から思います。これからもこの経験を活かし、残りの大学生活も楽しんで成長していきたいです。

〇教員(田島)コメント
1週間の短い期間でしたが、帰国時の集合写真の表情がこの実習の成果を物語っているのではと思います。スポーツを切り口に中国の今を学び、世界中の留学生と交流を深めることで、これからの学生生活で取り組みたい何かを感じてくれたのではないか、と思っています。