お知らせ・ニュース

【学生向け】ソーシャルメディア利用のためのガイドライン

【学生向け】ソーシャルメディア利用のためのガイドライン

大阪経済大学は、「つながる力。」を基本コンセプトに人材の育成を行っています。そして同時に、個人の責任において行う自由なコミュニケーション活動を尊重します。
しかし、自由には責任が伴います。その行動に法令違反があれば刑事罰に問われることがあり、ステークホルダー(利害関係者)との間で民事訴訟になる場合もあります。特にオンライン上でのコミュニケーション活動(mixi,twitter,facebook,LINEなど)においては、その社会的な影響力により、大きな問題に発展することが懸念されます。
これらのことを十分に自覚した上で、大阪経済大学の学生としての責任あるコミュニケーション活動を行ってください。以下に、そのガイドラインを示します。


1.個人の尊重
一人ひとりの個性や多様性を尊重し、異なる意見や考え方・生き方があることをお互いに認め合うことを基本姿勢として、オンライン上でのコミュニケーション活動を行ってください。

2.法令の遵守
日本国の法令を遵守してください。特に著作権の公正な取り扱いには、教育研究機関で学ぶ学生であることを十分に自覚し適切に取り扱ってください。また、留学先や旅行先などの国外においては、自らの置かれた状況に応じて、諸外国の法令や国際法を遵守してください。

3.守秘義務と機密保持の徹底
自分や友人の個人情報(氏名、学籍番号、住所、電話番号など)や、個人が特定される可能性のある情報を、不用意に発信することがないよう十分に注意してください。

4.正確な情報の発信
教育研究機関で学ぶ者として、できるだけ正確な情報を伝えるようにしてください。虚偽や不正確な情報を発信することで、自身だけでなく大阪経済大学全体の名誉・信頼を損なう可能性があることを認識してください。

5.大学の一員としての自覚
大阪経済大学の学生であることを明らかにしてオンライン上でのコミュニケーション活動を行う場合、大阪経済大学の意見・見解を代表したイメージで受け取られる可能性があることを自覚してください。

6.自分自身のプライバシーの保護
個人情報を登録・公開する際は、それぞれのサービス内容を理解した上で必要以上に自身の情報を提供しないようにしてください。オンライン上でのコミュニケーション活動において一度登録した個人情報は、それを削除しても第三者によって保存・蓄積され、将来にわたって人物情報として利用されることがあります。直接的な情報でなくても、行動履歴等から個人が特定される場合もあるので、十分に注意してください。