学長・野風草だより

No.250

No.250 2012年7月20日(金)

外国留学で一段と成長する学生たち

 秋学期から留学する学生たちが、挨拶に来てくれました。理事長とともに頑張ってきてくださいと激励し、それぞれが抱負を述べてくれました。行き先は、アメリカのメンフィス大学、ニュージーランドのワイカト大学、カナダのヨーク大学、オーストラリア国立大学などです。ちょうどメンフィス大学での1年間の留学を終えた学生も挨拶に来てくれて、留学生活での気を付けたらいい点などをアドバイスしてくれました。1年間の留学で随分成長してるなという感じで、うれしかったです。グローバル人材の育成が叫ばれている中、学生たちが今後ともどんどん留学していくように、サポートしていきたいと思います。

 7月4日には、外国から来てる留学生たちに日本の文化を知ってもらうために、七夕祭りが開かれました。国際交流室では毎年開いています(野風草だよりNo.121)。15名の留学生が参加し、女子留学生たちは、浴衣を着せてもらってとても楽しそうでした。4月の歓迎パーティーと同様に、今回も鈴木先生がDJで場を盛り上げてくれていました (野風草だよりNo.206) 。国際交流でご縁を深めている北淀高校のユネスコ部の高校生6名も来てくれました。学生は38名、教職員15名の参加もあり、ワイワイガヤガヤ、昔懐かしい南京玉簾の妙技などで楽しいひと時を過ごしました。留学生の皆さん、大経大での留学生活をENJOYして下さい。国際交流室や学生サポーター・チューターの皆さん、ご苦労様でした。