学長・野風草だより

No.254

No.254 2012年8月11日(土)

スピード・パワー・テクニックのハンドボール部を応援

 宇治・太陽が丘の山城総合運動公園体育館で、西日本学生ハンドボール選手権大会が開かれていたので、応援に出かけました。関西での春季リーグは3位でし た。本学体育館での練習は何度かのぞいたことはありましたが、公式戦を見るのは初めてでした。近畿大学が相手でした。30-20で勝利しました。それにし てもめまぐるしく攻撃が変わり、ゴール前でのフィジカルなぶつかり合いは迫力満点、そしてシュートもさまざまなパターンがあり、試合時間中は目が離せませ ん。(予選リーグのブロックでは2位でしたが、インカレ出場を賭けた決定戦では勝利し、福岡での大会に出れることになりました。全国大会での奮闘を期待し ます。)

 試合には、選手たちの保護者の方がたくさん応援に来られていました。この試合は勝ったので、終了後、応援のお礼に行き、少しばかりお話もさせていただきました。お互いに誘い合わせて来られるそうです。いいですね。以下は、主務の川上さんのコメントです。

○ハンドボール部 主務 川上さんのコメント

 西日本インカレでは学長をはじめ、大学の先生方、保護者の方々等、多くの方たちのご声援をいただきありがとうございました。皆さんのご声援はたしかに私たちの力になりました。
 試合の内容ですが、なんとかインカレの出場権を得ることはできましたが、決して満足のいく内容ではなく、自分たちの目標を達成することもできませんでした。
 もうすぐ秋季リーグも始まりますが、秋季リーグでは春期リーグよりも良い成績を残すことはもちろん、インカレに向けて勢いをつけれるように内容にもこだわり、頑張りたいと思います。
 これからもご声援よろしくお願いします。