学長・野風草だより

No.265

No.265 2012年9月11日(火)

女子硬式テニス部を応援、ちょいとアーチェリー部も

 摂津グラウンドで女子硬式テニス部の試合があったので、応援に出かけました。以前にも顔を出したことがありますが(野風草だよりNo.233)、応援は初めてです。現在5部リーグですが、その前の試合は、神戸女学院大学とで、 ダブルス2-0、シングルス 3-0で完勝しました。この日は、大阪国際大学が相手で、ダブルス 0-2、シングルス 0-3で完敗しました。残念、これで4年生は公式試合は終わったそうです。わずか5名の部員ですが、試合が終わった部員が試合中の選手を懸命に応援している姿が印象的でした。以下は、5人の部員たちの感想です。1年生だけになるけど、来年度に新入部員を獲得して、公式試合ができるように、頑張ってください。

○部員のコメント

○4回生 横田彩(元 主将)
 リーグ戦の最後の引退試合では、負けてしまったけど始めて満足できた試合でした。
こんなに成長できたのは部員や監督、先輩、OBの皆さま、学長をはじめ大学関係者の方、学生部の方、摂津キャンパスの施設管理の方、家族、関わって下さった方に感謝の気持ちでいっぱいです。

○4回生 大津菜月(元 主務)
 自分の成長に伸び悩んでいた頃、諦めずに体育会でテニスをしてよかった!そう思える四年間でした。周りのひとたちにも恵まれ、感謝しています。社会にでても大経大に恥じない人間になりたいです。

○4回生 西光亜弥
 リーグ戦では負けてしまい、昇格はできませんでしたが、女子テニス部が年々強くなっているのを感じます。私たち4回生は引退ですが、現役生が 昇格してくれることを楽しみにしています。
 
○1回生 原田紗英子(新 主将)
学長、リーグの応援ありがとうございました
これからも頑張りますので、応援よろしくお願いします。

○1回生 深野明日香(新 主務)
がんばります!!

 途中で、テニスコートの向こうで練習していたアーチェリー部に顔を出しました。洋弓で30m、50m先の的に向かい、男女入り混じって練習に励んでいました。男女とも現在2部で、部員は男子38名、女子が8名と大所帯です。今後の活躍を期待します。