学長・野風草だより

No.273

No.273 2012年9月25日(火)

いよいよ最後の建物に向けての地鎮祭・起工式

 本学では、2002年の70周年のA館建設に始まり、B館、C館、そして2012年の80周年記念として学生会館、体育館、J館、図書館と、この間次々と新しい建物を作ってきました。いよいよ、最後の4期棟、シンボル棟の建設に取りかかることになりました。旧本館・図書館が解体され整地されて、地鎮祭・起工式が厳かに行われました。私は玉串奉奠を行い、清めの神酒を頂戴して、工事の無事と完成を祈願いたしました。その後の直会では、私は中締めをしましたが、大阪らしく「大阪締め」(野風草だよりNo.251)で締めさせていただきました。
 来年の秋には、2032年の100周年に向けてJUMP UP!する大経大のシンボルともいえる、地上45m、8階建ての「スチューデント・タワー」が完成して、多くの学生たちが学び憩うステキなキャンパスになることでしょう。大学関係者、工事関係者のご苦労に感謝しますとともに、完成に向けてよろしくお願いいたします。