学長・野風草だより

No.280

No.280 2012年10月14日(日)

自転車部、サイクルサッカーで全国大会へ

 豊中の大阪大学の体育館へ、自転車部のサイクルサッカーの試合があるということで、応援に出かけました。20年前くらいは、今はG館になっているところに狭いながらもバスケットコートがあって、夕方にはよく練習していましたね。私のゼミ卒業生で6期生(1994年度卒業)と7期生に部員がいて、よくそばで応援していました。その後G館が建って、南校地の昔の生協の裏で練習していましたね。今は摂津グラウンドの体育館の2階で床に板を敷いて練習しているのを覗いたことがあります。自転車部は55年前にロード競技中心で出来、サイクルサッカーは42年前に出来たそうで、ヨーロッパから伝わってきて日本でのパイオニアのクラブです。

 公式戦を見るのは初めてですが、OB前会長・現会長、そして先輩OB数名が応援に駆け付けていて、解説をしてくれました。自転車部OBは毎年集まっていて、ロードを楽しんだりして今でも仲がいいそうです。数年前に体育会本部長を務めた女性はクラブマネージャーをしていて、私の基礎ゼミでしたのでよく知っており、いろいろと近況を聞きました。試合は2名1チームで、タイヤとタイヤがぶつかり合う激しいプレーの連続です。私が応援した試合は、大阪大と対戦した柳本・塚井チームは敗れましたが、桃山学院大学を相手にした田中・谷村チームは快勝しました。田中・谷村チームは5位で、全国大会出場を勝ち取りました。おめでとう!頑張ってね。マネージャー3名がサポートし、OBたちが声援を送り、マイナーながらいいクラブだなと思いました。

○自転車部主将 田中さんのコメント

この秋季リーグでの目標は最低5位までに入る事でした。5位までに入らないと11月18日に行われる、全日本学生リーグに参加する権利が貰えないからです。

結果は
田中谷村ペア(3年)5位
柳本塚井ペア(3年)8位
田中谷村ペアが5位となり、ぎりぎりですが全日本学生リーグの参加権を獲りました。

今回の大会で感じた事は、他大学の4回生はボールを扱うミスが本当に少なく、崩す事が本当に難しいと思いました。私達は夏にしっかり基礎練はこなしていて、体力面では苦労しなかったので少しは成果が出たと思います。しかしボールを扱うスポーツとして、もう少しトラップやシュート技術を身に付けたいと思いました。
そして、今大会には学長が応援に駆けつけてくれました。学長から試合前に応援の言葉を頂き、選手一同いつも以上に士気が上がりました。
お忙しい中、応援に駆けつけていただいてありがとうございました。