学長・野風草だより

No.320

No.320 2012年12月3日(月)

金融機関で活躍する(ゼミ)卒業生たち

 大阪市信用金庫の新堂友衛会長は、本学の卒業生で何かと母校の発展のためにご尽力いただいています。先日も空手部の60周年記念で親しくお話しさせていただきました(野風草だよりNo.299)。その時に一度北浜の本店にも訪ねて来て下さいよとお誘いを受けていましたので、12月3日にお訪ねしました。本店に行く前に守口支店に私の21期ゼミ生(2010.3卒業)である高橋さんが勤めていたので、寄ってきました。高橋さんは随分緊張したようですが、職場で元気でやってる姿を見るのはうれしい限りです。支店長さんからもよく頑張ってくれていると、おっしゃっていただきました。

○高橋由佳さんの感想
 先日は、私の職場である大阪市信用金庫守口支店に来店して下さり、ありがとうございました。突然に先生が来られて、びっくりして、少し照れくさかったですが、私にとってはとても印象深い出来事でした。先生とは、卒業してからも何度かお会いする機会がありましたが、いつも「仕事頑張ってるか~」と声をかけていただき、その度に頑張ろうという気持ちになりました。今回、先生には私の働いている職場を見ていただくことが出来て、学生の頃よりは少しは成長した姿を見せることができたのかなあと思って、ちょっと嬉しくなりました。
 私が、金融という仕事に前向きに取組んでいけるのも、徳永先生に大学の四年間を教えていただいたおかげです。先生には大学卒業後もずっと気にかけていただいており、その期待と応援に応えるためにも、さらに一所懸命仕事に向き合い、自分のやるべき事をしっかりと果たして、地域の発展に役立つよう、更に成長していきたいと思います。本当にありがとうございました。

 そのあと、北浜の本店を訪ねました。新堂会長はもちろんですが、本店に勤務している大経大卒業生が全員で出迎えてくれました。正直、大げさなことになって申し訳ない限りでした。会長秘書の吉見さんは、私の知っている大経大の卒業生だったのです。新堂会長はそうした話を聞いて、事前にわざわざお電話もいただきました。ありがたいことです。彼女は私のゼミ生たち(18期生、2007.3卒業)とも仲良しで、地域政策学科の2期生は教員と学生も親しい関係でした。2月には私のゼミ生の結婚式で会うことになっています。ゼミを越えて、こうしたつながりが持てるのもうれしい限りです。

○吉見洋与さんの感想
 大阪経済大学での学生生活は、今でも心に深く残っている、充実した四年間でした。なぜなら、大阪経済大学での授業が、大学で出会った先生・職員の方々、そして友人が本当に大好きだったからです。地域政策学科の授業では、現地で地域の人々と直接触れ合うことで、「地域」の発展を考え学ぶ大切さ、机上だけではわからない知識や経験を得ることができました。今までの学生生活では学ぶことができなかった、自分の知らない専門的な知識を学ぶことができた授業の数々は、驚きや発見の連続であり、いつも授業が楽しみでした。大切な友人達とサークルを立ち上げたり、ボランティア活動や文化祭に参加したり、学科の記念パーティーを実行したり、日本だけでなく、海外のフィールドワークにも参加したり、互いに悩み励まし合いながら乗り越えた就職活動も、大学生活の全てが私にとって宝物です。ゼミという少人数ではなく、学生一人一人と真剣に向き合ってくれ、学生生活を支えてくれた尊敬する先生や教職員の方々に出会えたこと、生涯に渡る大切な友人と出会えたことは、学生生活だけではなく、私のその後の生活にわたって大きな力となりました。特に地域政策学科は、先生も生徒もゼミやクラスにとらわれず、皆本当に仲良く、様々なことに一緒になって参加し、経験しようとする素晴らしい学科であったと思います。
 大学卒業後、金融機関の仕事に就き、五年間、窓口業務・出納元方業務を担当してきました。お金を扱う仕事のため、ミスは許されない緊張感の中で、どんな時でも正確・丁寧・迅速な事務処理が要求されます。特に出納元方業務は全ての現金管理を任された責任のある重要な仕事です。お金を扱うことの責任感や働くことの厳しさを痛感することも何度もありました。しかし、地域のお客様の声を直接聞き、お客様が何を求めているかをすばやく察知し、そのための情報・解決策を考え、一人一人のニーズに合わせたきめ細やかな応対、提案をしていくこの仕事に誇りを持っています。現在は秘書となり、今までとは別世界にいてるようで、これまでの知識や経験が活かせず、勉強の毎日です。12月3日に新堂会長の特別の御高配を賜り、德永先生に秘書として再会できたことに深い御縁を感じ、本当に嬉しく心から感謝しています。
 先生は私のことを覚えてくださっていたかわかりませんが、私にとって先生は上にも述べたように、尊敬する大好きな先生でした。大切な親友である裕加との御縁もあり、こうしてまた先生にお会いすることができたことを本当に嬉しく思っています。先生は変わらず、素敵な笑顔で気さくで、本当に学生思いの先生と、また改めて感じました。御多忙にもかかわらず、本店に来られる前には守口支店の高橋さんのところへ会いに行かれたと伺い、先生の学生を大切にされるお気持ちに感動しました。先生に会ってから、大学の頃を思い返し、再び自分を見つめ直すことができました。新堂会長はじめ、数々の偉大な先輩方が活躍されていますが、私も大阪経済大学の卒業生として輝けるような人になれるよう、これからも感謝の気持ちを大切に一生懸命頑張っていきたいです。