学長・野風草だより

No.322

No.322 2013年1月17日(木)

English Cafe is Open!

 長年にわたりいつかは、いつかはと思っていた英語カフェがついにオープンしました。昨年の6月には、全学FDで近畿大学のカネル先生をお招きして、近大の英語村の経験をお聞きしました(野風草だよりNo.236)。山田文明学長補佐や英語の先生にも、英語村を訪ねていただきました。その後、教務部の国際交流担当の職員さん、国際交流委員会、山田先生や英語の先生、そしてE.S.Sのクラブや有志の学生さんたちの努力によって、第1回が昨年の12月17日にB館2階のカフェテラス「カネル」で開かれました。海外からの留学生も含めて約40名の学生が参加し、秋学期に本学の非常勤講師をしていただいているカネル先生や本学の語学の先生なども交えて、クイズやテレフォンゲーム、そしてクリスマスソングなどを一緒に歌って、楽しく時を過ごしました。以下は、その時に私の英語でのスピーチです。ええっ!あんた、英語できんの?できまへん!こっそり、知り合いに私の日本語を訳していただきました・・・。

○English Cafe Opening Speech
Hello Everyone. Thank you for coming to our new English Cafe, and thank you also for giving me an opportunity to show you how fluently I speak English. 
I presented at international conferences in Poland, Germany and America before. I read the paper I prepared, but even that made me nervous. Discussion was very difficult as well. I was OK at the party afterward, because everybody was drunk. I could also use gestures and people understood my Japanglish. 
Now, I am very glad that the opening of English Cafe has finally come true. We had been discussing it for years. Last June, we invited Professor Kanel from Kinki University to ask about their efforts, which helped us work on details. I greatly appreciate your support, Professor Kanel. 
 I also appreciate the significant contribution made by our English teachers, Professor Fumiaki Yamada, the chair of the Common Education Committee, and the committee members, and the staff members of the Office of International Exchange.
Today, English Cafe is managed by the members of the ESS club. I see the students who came back from a year of study abroad and the international students studying at Osaka University of Economics. I am really glad to see that our students are making efforts to communicate in English. 
Osaka University of Economics is going to enhance this English Cafefurther in the future. I hope you will improve your English skills, express your opinions on economics, society and culture, and become a person with a global mindset. 
Thank you.

○学生 吉岡 悟さんのコメント
 12月17日の第1回目英語カフェに携わらせて頂いた吉岡悟です。まずはじめに、このような機会を与えてくださった学長をはじめ、山田文明先生、カネル先生、国際交流室の方々に心から感謝しています。英語が好きでE.S.S.部に所属している私は、大学内に英語のみで交流できるような空間があれば、英語に興味のある生徒たちや、外国人留学生、留学経験者が交流することができてとても素敵だと考えていました。そこで山田文明先生からE.S.S.部に対して、英語カフェを作りたいというお話を頂いたので、私も留学経験者として、E.S.S.部のメンバーと共に英語カフェ設立のお手伝いをしようと決心しました。
 全く初めての試みだったので、学長や山田文明先生、そして国際交流室の方々とお話をした結果、近畿大学英語村の創設に関わっているカネル先生にもご協力を頂くことにしました。初めは、単純に学生同士で集まって英会話をするだけの予定だったのですが、これからの参加者集めや、英語にあまり興味のない生徒たちにも参加をして頂きたかったので、E.S.S.部で話し合い、英語でのクイズゲームなどを行い気軽に参加できるようなイベントにしようと決めました。第1回目という前例の無い状況で、また準備期間が短かったため準備には大変苦労しましたが、当日は40人近くの生徒に参加して頂くことができました。慣れないことが多く当日は参加者の方々をはじめカネル先生にもご迷惑をおかけしてしまいましたが、「また参加したい」「英語で遊べて楽しかった」等のコメントを頂くことができ、第2回目につなげることができて良かったと思います。
 気軽に立ち寄れる英語カフェという空間が実現すれば、私たち生徒の英語力は更に向上すると思います。これからも学生有志の方々が積極的にサポートする形で、大阪経済大学に英語カフェが設立されることを願っています。本当にありがとうございました。

 年が明けて2回目の英語カフェが約20名の参加で開かれました。1回目の経験をふまえて、今回は学生たちが中心となって、グループに分かれ英語でスピーチしあいました。こうして学生たちがいろいろな知恵を出し合いながら行っていくのは、本当にすばらしいですね。お世話いただいた学生の皆さん、教職員の皆さん、ありがとうございました。4月からも定期的に開けるように努力していきましょう。

○学生 清水 妙子さんのコメント
 去る2013年1月17日開催の、経大英語カフェ第二弾の運営リーダーを務めました経営学部4回生の清水妙子です。まずは今回お力添えいただきました教職員の皆様、そして全ての参加者の方々に深く御礼申し上げます。ありがとうございます。準備期間は短く、直前トラブルにも見舞われながらの慌しい開催でしたが、ESS部員有志を中心としたスタッフと協力し、盛況のうちに終了しました。
 英語が得意な学生からはもちろん、英語に苦手意識があり参加を躊躇していた学生からも「楽しかった」「もっと英語力を上げたい」等々感想を寄せて頂き、平均在室時間は1時間半を超えました。想定以上の成果を上げることができたと自負しております。
 私がこの英語カフェを通してみなさんに最も知って頂きたかった事は、英語という言語そのものよりもコミュニケーションの楽しさです。どれだけ完璧な言語を身につけたところでコミュニケーションに役立たなければ本来の意味を成しません。言語は不完全でも自分の意見を持ち、一生懸命相手を思いやり、伝え合い、理解し合うことが第一だと私は考えます。
 また、難しいと思い込んでいることも実際に行動してみたらそうでもなかった、嫌いなことも取り組み方次第で好きになったという体験をすることで、自らの思い込みにより狭められていた可能性の幅を広げる契機となれば嬉しく思います。