学長・野風草だより

No.325

No.325 2012年12月16日(日)

「ゼミの大経大」は、今年も西日本インカレで活躍

 学内のZEMI-1グランプリを経て(野風草だよりNo.296)、11月18日の日経BPマーケティング主催の西日本インカレの予選会に、本学より、経済学部の藤原忠毅ゼミ2チーム、経営学部の江島由裕ゼミ1チームが出場しました。第1回では服部ゼミがグランプリ(野風草だよりNo.21)、第2回が同じく服部ゼミが準グランプリを獲得して(野風草だよりNo.170)、「ゼミの大経大」の名を高めてくれました。第3回は「CREATION~創造~」のテーマで、会場を大経大から京都産業大学の壬生のむすびわざ館に移して行われました。書類審査なども含めて、14大学50チームが参加し、藤原ゼミの太陽光発電の研究チームが、本選に出場することになりました。午後から用事があったので、午前の2チームだけ応援しました。学内の時よりもさらにパワーアップしていたように思いました。

 12月16日の本選は、11チームが参加して行われ、結果は特別賞ということで3位でした。ちょっと悔しいかもしれんけど、おめでとうございました。夜遅くまで研究室やゼミ室で頑張っている姿を見ていたので、本当にうれしいです。藤原先生、ご苦労様でした。当日は藤原ゼミの他のメンバーはもちろん、職員さんも応援に駆け付けていて、大学全体で支えてあげられたのは、とても良かったと思います。今後とも「ゼミの大経大」として、少人数できめの細かい、そして大阪経済大学らしい専門性の高い学生教育を充実させていきたいと思います。

○藤原ゼミ・チームTKT 武田圭倫さん・梶田泰佑さん・鷹濱見甫さんのコメント 
 西日本インカレに出場し、多くの経験を得ることが出来ました。今から思えば、3人という少ないメンバーで「太陽光発電の普及につながる創造」という膨大なテーマを掲げたことは無謀だったのかもしれません。しかし、3人で知恵を出し合い、共感し、協力することで【西日本インカレ特別賞】という素晴らしい結果に繋がったのだと思います。また、このような結果は決して3人の力だけでは獲得することはできなかったと思います。行き詰った時に的確なアドバイスを頂いた藤原忠毅先生や4回生の先輩、切磋琢磨したゼミメンバー、色々なお世話をして頂いた教務部の方など、関わった全ての方々のご協力があってはじめて成し得た結果だったと実感し、感謝しています。ありがとうございました!