学長・野風草だより

No.359

No.359 2013年4月25日(木)

準硬式野球部勝つ!硬式野球部勝つ!

 いよいよスポーツクラブのリーグ戦などが始まりました。今年も出来る限り、活躍する学生たちの応援に出かけようと思います。昨年に行けなかったバレーボール部、アーチェリー部、軟式テニス部、カヌー部、ヨット部などへ、そして芸術会や学術会の催しへも出来る限り顔を出したいと思います。
 まずは、4月23日に理事会が終わるやいなや、急いで尼崎のベイコム野球場へ、準硬式野球部のリーグ最終戦の応援に駆けつけました。昨年全国ベスト4でしたが、さて今年はどうだろうかと思っていましたが、エースの生田投手の活躍で2対1で勝利しました。右上の写真は、勝ち越しの瞬間です。リーグ戦は2位だったようです。よく頑張ってくれました。今年は推薦だけでなく一般からも、有望な新入部員がたくさん入ったようです。球場のフェンスには、マゼンダ色の「全員野球」の横断幕が掲げられていました。これから、全国大会に向けてのトーナメントが始まりますが、まさに「全員野球」で是非とも全国大会出場、そして全国優勝を目指して頑張ってほしいものです。

○大阪経済大学 準硬式野球部主務 池澤光太郎君の決意
 4月23日にベイコム野球場で行われたリーグ戦最終戦。この日は学長が応援しにきてくださるとあって、必ず勝利したいと思い臨んだ一戦。試合は、3回裏に先頭上田(4回生)のヒットを足がかりに2アウト3塁から4番大本(3回生)のレフトへのタイムリーヒットで1対0と先制することが出来ましたが、その後なかなか得点を奪うことが出来ず、8回表にランナー1塁から近畿大学に左中間へのタイムリーツーベースヒットを打たれ1対1の同点に追いつかれてしまいました。しかし、直後の8回裏に1アウト1、3塁とチャンスを作るとレフトへの犠牲フライで勝ち越すことができました。エース生田(4回生)が9回もきっちり抑え2対1で勝利することができました。
 リーグ戦を2位という結果で終え次の関西地区1次トーナメント大会に進むことになりました。試合が終わってからミーティングで学長から「目指すなら日本で1番」という激励をいただき全員野球をモットーに日本一を目指します。日々感じていることですが、監督コーチ、学長ならびに学生部の方々、OBの方々の応援あってこその準硬式野球部なのでこれからも熱い声援のほどよろしくお願いします。

 4月25日には、野球部の応援に舞洲の野球場に出かけてきました。相手は神戸学院大学でしたが、打線が好調で本塁打も飛び出し、エースの吉仲投手が後半のピンチを切り抜けて完封勝利しました。スタンドには常連の卒業生、野球部OBの方々、選手の保護者の方々も来られており、ゲームセットの瞬間、お互いに握手を交わし合いました。スカッーとしましたね。今リーグ、まだ勝ち点をあげられていませんが、何とか頑張ってほしいものです。次は、皇子山球場に行きますよ。準硬式野球部、硬式野球部、どちらも勝ったので、今のとこ私は「勝利を呼ぶ男」です。さて、どこまで続くか・・・

○大阪経済大学 硬式野球部主務 田中渥子さんの決意
 私達硬式野球部は、大阪経済大学茨木グラウンドを中心に活動しています。平日、休日問わず、いつでも野球ができる環境を頂いて私達は毎日朝から夕方まで充実した練習に励むことができ、本当に感謝しています。近年、リーグ戦では下位で悔しい結果を残していますが、今年こそリーグ優勝を果たし、全国大会に出場し、憧れの神宮球場で大阪経済大学の野球を見せ付けたいと選手一同日々練習に励んでいます。学長先生、大学の方々、OBの方々、応援してくださる方々、保護者の方々、そして大阪経済大学茨木グラウンドの環境に感謝の気持ちを忘れずに、部員全員が大阪経済大学硬式野球部という自覚を持ち、私生活においても細かいところにまで気を遣い、人として成長していけるようさらなる努力していきます。今後とも応援よろしくお願いいたします。