学長・野風草だより

No.365

No.365 2013年5月19日(日)

ボクシング部勝利!バレーボール部勝利で4部昇格!

 大経大のボクシング部の応援に関西大学に行きました。時間を間違えて早めに行ってしまい、関大キャンパスを散歩。11時より試合開始。目の前になんか見た人がいると思ったら、赤井英和さんでした。近畿大学のボクシング部が再開したので、指導に来てました。昨年も応援に行ったし(野風草だよりN0.233)、体育館で練習してる時に見に行ったりするので、すぐに応援ありがとうございますと声を掛けてくれました。試合は、山下選手が判定勝ち、中島選手がRSC勝ちでした。上の写真の右側が山下選手、下の写真の左側が中島選手です。3ラウンド、顔が腫れたり赤くなったりしながら必死に打ち合う姿は感動的です。リングから降りてきて、「勝利おめでとう」と言うと、「ありがとうございます」と普通の大経大生に戻っています。午前中しか応援できませんでした。午後からの落海選手、逢澤選手は残念ながら判定負けだったようです。また、応援行きます!

○ボクシング部のコメント
 この度は、関西学生リーグ戦の応援にかけつけていただきありがとうございました。ボクシングは、試合が始まるまでに、検診・計量などに時間がかかるため、学長に早く来ていただいたのに長い間お待たせさせてしまいまして申し訳ありませんでした。今回は、AクラスBクラスと戦歴に合わせて分けられた2・3部合同のトーナメントです。学長が応援してくださった選手の試合は見事勝利を勝ち取る事ができましたが、その後のAクラスでの試合の選手は、健闘の末勝利を掴む事はできませんでした。ですが、まだポイント争奪戦が残っておりますので、一層気合いをいれて練習に励み、全員勝利で二部優勝を手に入れたいと思います。今後とも、ご声援・ご支援よろしくお願いいたします。

 昼からは、京都に戻って大谷大学でのバレーボール部の試合の応援に行きました。今までバレー部は行ったことがなく、リーグ最終戦ということで応援に駆けつけました。リードしたり逆転されたりとハラハラしながら見ていましたが、結果はセットカウント3対0のストレート勝ちでした。相手チームや横のコートを見ると選手数が少ないのに、大経大は10数名で戦っています。ポイントをあげる度に、コートの選手とベンチの選手が一緒になって喜んでいる姿が印象的でした。4部への昇格、おめでとう。全員バレーで、さらに上を目指してください。

○大経大男子バレーボール部  主将松葉洋樹君・ マネージャー三反田志帆さんのコメント
 この度私たち大経大男子バレーボール部は関西大学バレーボール連盟主催の男子春季リーグ(5部)において優勝し、4部へと昇格することができました。前回、前々回と惜しい所で優勝を逃し悔しい思いをしていたので、この優勝をとても嬉しく思っています。現在大経大男子バレーボール部は18名で活動しています。なかなか個性溢れるメンバーですが、適度な上下関係を保ちつつチームワークを磨きながら、日々練習に励んでいます。今年の春に1回生が入部し、今まで以上の活気が加わって、チームの雰囲気はとてもいいものになりました。皆で掲げた「全勝優勝」という目標に向けてチーム全体が一つとなって全力で戦った結果、惜しくも全勝は逃しましたが、優勝という素晴らしい結果を掴むことができました。このいい雰囲気を保ったまま4部も全力で戦い、いずれは3部、2部、1部へと昇格していけるよう、今まで以上に練習に励んでいきたいと思います。昨日は京都の会場にまで応援に来て下さり、とても嬉しかったです。これからも頑張っていきますので、ご支援よろしくお願いします。本当にありがとうございました。今後ともバレー部をよろしくお願いします。