学長・野風草だより

No.383

No.383 2013年6月22日(土)

爆発する芸術会の写真部、軽音楽部のパワー

 午前中に本学での教育懇談会がありました。午後からは抜けさしてもらい、心斎橋で開かれている写真部の展覧会をのぞきに行きました。なんやかんやと写真部の部展には出かけています(野風草だよりNo.178257305)。これは、期間が1週間くらいとある程度巾があるので出かけやすいのです。1日限りの公演になると、なかなかスケジュールが合わないのです。今回は副学長の草薙先生と出かけました。白黒、カラーとがあり、これはクラブ内の投票で出品が決まるそうです。1年生は初めてということで全員出品しています。私はよくわかりませんが、構図や色、写真処理などいくつかの要素があり、私にも気に入った作品がありました。新入生が17名も入り、ますます活発な活動を展開されることでしょう。学外のコンテストなどにも積極的に応募して、他流試合をして技を磨くのもいいのではないでしょうか。

○写真部部長 藤本直樹君のコメント
 まずは徳永学長、大阪経済大学芸術会写真部第61回部展にご来場頂きまして誠にありがとうございました。写真部は四回生10名、三回生12名、二回生15名、そして今年の春に新しく入部した一回生17名の計54名の部員がいます。毎年2回ある部展ではフィルムカメラで撮影したモノクロ写真に力を入れて、部員一同一丸となって作品作りに励んでいます。新入生にとっては初めての部展であり、暗室での作業や作品の板貼り、ギャラリーへの搬入搬出など全てが初めて経験することで戸惑ってしまうことも多々あったでしょうが、知らない事が多い分、学ぶ面白さがあり、楽しんで作品作りが出きて、それが作品自体の感性の新鮮さに表れたと思います。そして二回生にとっては下級生が出来て初めての部展、三回生にとっては幹部として運営する立場で迎える初めての部展で、上級生であることの責任と自覚を持ち、今回の夏部展に臨むことが出来ました。まだまだ未熟な展示ではございますが、作品を通して部員なりのテーマや意図をイメージしながら楽しんで頂ければ幸いです。今後とも写真部にご指導ご鞭撻の程宜しくお願いします。

○一回生 久保貴明君のコメント
 この度、入部してから始めての部展で準備などで戸惑う事も多々ありましたが始めての部展は僕にとってとても新鮮なものでした。展示当番中にOBの方や芸術会の方々が来ていただいてとても伝統ある部活だという事を改めて感じました。この伝統を守っていけるように頑張りたいです。

 その後は、江坂のスタジオの軽音楽部のコンサートに出かけました。初めてのことなので、ちょっぴり緊張しました。スタジオの中には芸術会のクラブ員たちがたくさん応援?に来ていました。1年生部員は60名近くおり、全体では100名を越えて、すごい熱気でした。出演するには、部内でコンテストがあるそうです。ステージでは、ロック全開!1年生の「じゅんぺいバンド」、「SUPER BUTTER DOG」、「幸一郎のスパイス」まで聞いて、ダウン・・・・外へ出ました。すいません。
 そこで私のゼミ卒業生に会ったのには、びっくりしましたね。今年3月に卒業した24期生の城後健君(ドラム)と1期上の23期生下村亮太君(たしかギター)です。こうして後輩たちとつながっているのはいいですね。在学中に一回もコンサートに行かなかったですね。ごめん。さて、これからもコンサートに出かけれるかな???写真の右端が部長の尾崎君です。

○軽音楽部部長 尾崎幸一郎君のコメント
 第49回定期演奏会を終えて数日経ちましたが、改めて皆様への感謝と部員同士の絆に感動を覚えている自分がいます。今回の定期演奏会は非常に沢山のご来場の皆様に恵まれ、大盛況に挙行することが出来ました。部員たちのステージでの奮闘と、それに決して劣らない程の盛り上がりや声援を送って下さる皆様の姿に、会場の確かな一体感をひしひしと感じられ何とも言えない心地よさがありました。今回で定期演奏会が最後となる四回生の先輩方からもとても良かった、ありがとうとお言葉を頂き、幹部一同後輩達と心を尽くして準備をした甲斐があったと嬉しく思いました。皆様の中には卒部されても毎回必ず部員たちの姿を見に来てくださる沢山のOB・OGの先輩方の姿もあり、軽音楽部の絆の深さに胸が一杯になります。学長を始め、芸術会の皆様、諸先輩方、関係者の皆様この度は本当にありがとうございました。次回は冬の定期演奏会となりますが、またのご来場お待ち致しております。今後とも大阪経済大学芸術会軽音楽部の躍進を誓い、部長総括とさせて頂きます。