学長・野風草だより

No.386

No.386 2013年6月26日(水)

深まるメンフィス大学との交流

 メンフィス大学から夏期短期留学の学生たちを迎えて、5年目となりました(野風草だよりNo.88)。昨年の創立80周年記念には、シャノン・ブラントン先生よりお祝いのメッセージをいただきました(野風草だよりNo.275)。本学からも毎年意欲あふれる学生たちが数名留学をしています。こうした交流が続いていることを大変うれしく思います。今年も徳田淳子先生のお世話で10名ほどの学生たちが訪ねて来てくれました。理事長と一緒にカタコトの日本語で挨拶を交わしました。滞在中には、E.S.S部の学生たちとの交流を行いましたが、プレゼン後は、一気に緊張が解け、話が弾んでいました。お互いに良い刺激になったと思います。職員の田中美也子さんによる生け花指導、茶道部によるお点前体験など、日本文化を楽しんでもらいました。今まではメンフィスから来ていただくばかりだったので、この夏休みにはメンフィス大学を表敬訪問する予定です。
 こうした留学生の受け入れ、留学生たちのための施設の充実(瑞光センター、扇町センター)留学する学生たちの送り出し、留学のための奨学金の援助(ジャンプアップ奨学金)、英語カフェの実現(野風草だよりNo.322379)、各種の語学研修、海外実習と、本学でもグローバル教育が少しずつ前進しています。留学生たちと交わる留学生サポーター、チューターにもたくさんの学生たちが参加してくれています。うれしいことです。今後ともさらにグローバルな教育の充実に向けて努力していきたいと思います。そして、日本文化を世界に発信していきたいと思います。国際交流をお世話いただいている教職員の皆さまに、感謝申し上げます。

○E.S.S.部部長の羽藤新悟さんのコメント
 6月28日、大阪経済大学にお越し頂いたメンフィス大学生との交流会を行いました。まずはじめに、この交流会のお話を持ち掛けてくださった国際交流室の方々に感謝申し上げます。ありがとうございます。当日は、メンフィス大学の学生によるプレゼンから始まり、E.S.S.部員による大阪の文化の紹介、フリートークという内容でした。大阪の文化を紹介するということで、どんな事を紹介すれば喜んでもらえるのか、どんな事を知りたいと思っているのかを部員同士で話し合いをしながらプレゼンの準備をしました。まだまだ至らない点もあり課題も残りましたが、メンフィスの学生の方々と終始良い雰囲気で交流する事ができ、大阪の文化を学んでもらえたのでとても有意義な交流となったと思います。こういった機会を頂けたことは、私たちにとっても素晴らしい財産となりました。これからもメンフィス大学生との交流会が開催されることを期待し、もっとより良いプレゼンが出来るように頑張っていきます。本当にありがとうございました。

○メンフィス大学の徳田淳子先生の(日本語講師)コメント
 夏期短期留学として貴校に伺うのも、今年で5年目となりました。メンフィス大学からは毎年数名の学生が長期留学生としてお世話になっておりますが、この短期留学は2008年から始まり、以来多くの学生達が貴校での授業参加、文化体験、学生さんたちとの交流を通して、とても貴重な体験をさせて頂いております。毎年暖かく迎えて下さいます教職員の皆様、そして学生さん達に、心よりお礼申し上げます。3週間日本各地の様々な場所を回る短期留学ですが、学生にとっての一番の思い出は、毎年貴校で体験させて頂ける日本での大学生活です。今後、貴校からもより多くの学生さん達にメンフィスに留学に来て頂き、両校の交流が更に発展致しますことを願っております。また来年も皆様にお目に掛かれますことを楽しみに致しております。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

○ケイラー・ロバーツさん(3年生)
みなさん、こんにちは。お世話になりました。三日間でしたが、色々な時間を一緒に過ごしてくださって本当に感謝しています。大阪に来る前に東京の大学に4週間いましたので、最初に東京で作った友達に「さよなら」を言った時、ちょっと悲しくなりました。その後でたくさんの有名な場所に行きましたが、友達をつくる機会がなかったので、寂しかったです。ですが大阪経済大学に着いた日、みなさんが大歓迎してくれました。先生たちと新しい友達と一緒に、また楽しい時間が始まりました。みなさん、友達になってくれて、どうもありがとうございました!すごく楽しかったです。One day, I want to show you the same love that you showed us!


○ジョナサン・モーアさん(5年生)
先週、 私たちは大阪経済大学に行きました。大学はとてもきれいでした。私たちはたくさんことをしました。まず、授業に行きました。それから、生け花をしました。そして、このプログラムを通して、私は初めてたこやきとお好み焼きを作ったり、茶道をしたりしました。大学はとても楽しかったです。たくさん日本の文化を学びました。どうもありがとうございました。