学長・野風草だより

No.393

No.393 2013年7月10日(水)

年々盛んとなる課外活動表彰式

 2013年度の第1回課外活動表彰式がJ館前で開かれました。今回は、春のマナーアップ活動に協力してくれた体育会・芸術会・学術会の3本部をはじめ、8クラブ、1サークル、13名の個人が表彰されました。こんなにたくさんの学生さんたちが活躍してくれるのは、うれしいですね。全国大会に出場を決めたのは準硬式野球部、Ⅱ部ソフトボール部、陸上競技部駅伝、弓道部、ハンドボール部(後の西日本大会で3位により)です。できる限り応援に駆け付けるつもりです。映画研究部は関西シネックで優勝と3位、バレーボールのサークルである大阪経大SIXERSの女子が優勝しました。以前から活躍しており、伝統となってきています。今後とも皆さんの活躍を期待しています。表彰された学生を代表して、体育会本部長の蛭谷 直人君が決意表明をしてくれました。

○バレーサークルのシクサーズ女子のコメント
 私たちは男女合わせて約50人、週に1回のペースで活動しています。最近は他校主催の試合にもたくさん呼んで頂けていて、その中で結果も残すことができています。そして今回表彰して頂いたmakes cupでは先輩の力を借りながらですが、初めて優勝することができました。
 また、夏休みのはじめに行われたナイトリーグという試合でも、準優勝することができました。こういった活動ができているのは、今までSIXERSを築いてこられた先輩方のお陰であると思っています。また、後輩にも「SIXERSに入って良かった!」と思ってもらえるようなサークル作りをしようと、3回生が中心になり活動しています。
 この夏にも試合がいくつかあるので、表彰状を持って帰ってこれるよう日々の練習に励み、まだまだ未熟ですが、サークルの仲間たちと心身共に成長していきたいです。

 私が学生委員長の時に始めたこの課外活動表彰式は、2006年度は18団体、11個人でしたが、昨年2012年度には22団体、42個人まで増えました。この8年間(2013年度は1回のみ)で、143団体、207個人、合計350団体・個人となりました。関西レベルでの優勝や、全国大会への出場も増えました。卒業生の上村大輔君は、アイススケート・ショートトラックでソチ・オリンピック出場を目指しています。メジャー競技だけでなくマイナー競技でも。そして、スポーツだけでなく、芸術会や学術会の活躍もあります。クラブだけでなく、サークルも。
 全学的に課外活動が盛り上がっています。これこそが大学の本来の姿ではないでしょうか。2013年度のクラブ所属学生は(7月1日現在)、全体の26.5%、新入生では32.5%にもなります。サークルでは重複もあるでしょうが、全体の37.6%、新入生の45.6%です。3分の2の学生がクラブやサークルで課外活動をしているのです。講義やゼミはもちろんですが、こうした学生たちの課外活動も大阪経済大学の教育活動の重要な柱として、学生部のスポーツ文化振興室を中心に今後ともサポートしていきたいと思います。皆さんの声をどしどし寄せてください。