学長・野風草だより

No.407

No.407 2013年8月30日(金)

地域の子供たち とだいけいだい塾

 これまで本学のエクステンションセンターと体育クラブが協力して、スポーツでキッズカレッジをやってきました(野風草だよりNo.314364など)。今回は教職志望の学生さんたちの協力を得て、小学校、中学校の子供たちに、補習授業を行うことになりました。8月26日から30日は、夏休みの宿題を一緒にやろうということで「夏休みの宿題サポート教室」が始まりました。毎日16名ほどの学生が参加し、近隣の小中学生が20名ほど出席してくれました。私も顔を出して宿題を見ましたが、算数や数学はちょっと・・・学校が始まる9月から3月は、毎週土曜日の午前中に「土曜キッズ寺子屋」を行う予定です。ぜひ申し込んでみてください。
 お世話いただいた教職担当の職員さんは、「初日は撮影の方がいたので、みんな少し硬い表情をしていましたが、2日目からは、お互い打ち解け勉強している姿を見ることができました。8月は、夏休みの宿題をメインに勉強していたので、工作や絵日記などを持参する小中学生もおり、淡い学生時代を思い出しました。教えることはとても大変なことですが、、参加した学生が、これを機に教師を目指してくれることを期待しています。」と、述べています。

 本学は大阪市内にある大学として、地域との連携、繋がりを重視していろいろな活動を行ってきました。こうした学生たちが主人公となって、地域の人たち、子供たちと繋がる活動が活発になることは、うれしい限りです。建物の建設などでは騒音などでご迷惑をかけていますし、学生のマナーなどで苦情をいただくこともあります。私たちは、「地域から愛される大学」、「地域を育て地域に育てられる大学」を目指していきたいと思います。何卒、ご理解、ご支援をお願いする次第です。
 今回のだいけいだい塾はマスコミでも話題になり、多くのテレビや新聞で取り上げていただきました。右は大阪日日新聞の記事です(2013年9月11日(水)大阪日日新聞)。ありがたいことです。私は昼のニュースで見ましたが、大阪経済大学の名前が出て、学生たちが活き活きとサポートしている姿が放映されて、うれしくなりました。エクステンションセンター、教職担当、広報の皆さん、ありがとうございました。何よりも教職志望の学生さんたち、ありがとう。

≪子供たちの感想≫
●楽しい雰囲気の中で勉強できて良かったです。大学生の方に教えてもらったところは、すべてわかるようになりました。今後は、算数の勉強を教えてもらいたいです。(小学校6年生・女子)
●すごく楽しかったです。絵の具の使い方が上手にできました。家で想像していたよりも、お兄さん、お姉さんの教え方が上手で、宿題の絵を上手に描けました。次は、理科が苦手なので、教えてもらいたいです。(小学校3年生・女子)
●すべての宿題を終わらすことができて良かったです。わからない問題を、わかりやすく教えてくれました。次は、数学と英語を勉強したいです。(中学校2年生・女子)
●計算ドリルを終わらすことができて嬉しかったです。かみひこうきを作るのが上手な「ひこうき先生」と一緒にかみひこうきも作れて楽しかったです。(小学校4年生・男子)
●すごく楽しかった。1年間ここにいたいです。(小学校3年生・男子)
●勉強が終わったら、おり紙やトランプで、お兄さん、お姉さんが一緒に遊んでくれて楽しかったです。(小学校4年生・女子)
●説明がわかりやすくて、おもしろかったです。冬休みもやってほしいです。(小学校2年生・男子)

≪保護者様の感想≫
●家で親が教えると、ついつい怒ってしまったり、絵画などは、親主導で進めていってしまうので、「自分でする」ということができていたと思います。
●休憩時間に「絵ができた。算数のドリルもやっているよ。」と嬉しそうに報告してくれました。親でもない、先生でもない、「身近なお兄ちゃん、お姉ちゃん」なので、本人も嬉しかったと思います。
●現役の大学生の将来の夢などを聞き、夢に向かって努力していることや、大学生が考える小学生が勉強する意味を子どもに伝えて欲しい。
●そばについて、みっちり教えてくれるので、安心してお任せできました。

≪学生の感想≫
●私は、今回のだいけいだい塾に参加して本当に良かったと思っています。今まで、あまり小学生や中学生と触れ合うといったことはしてこなかったので、緊張感で取り組むことができました。また、自分で理解して終わるだけではなく、教えている人が理解して終わるというところまでいくのが、あんなに難しいとは思いませんでした。答えを言わずにどうやってヒントを伝えるかということを日々悩まされました。
 しかし、こういった貴重な経験をさせていただいたことにより、また新たに自分の中で明確な目標ができたので良かったです。子どもたちと触れ合う楽しさ、勉強を教える難しさ、仲間と協力しあう大切さも新たに学べたので、今後に役立てていきたいです。
【経済学部2年 岡本駿亮】
●とてもいい経験になりました。社会科の問題は自分たちが習った時とは違った内容になっていました。また、算数や数学は、公式などの解き方を忘れていたり、国語はどうやって答えに結びつけるかを悩んだりと、自分の学んだ知識が使えなかったりしました。今回の経験は教師を目指すうえでとても大切なモノを学ばせてもらいました。これからも、教師になるためにがんばっていきたいと思います。
【経済学部 2年 西村幸一】