学長・野風草だより

No.445

No.445 2014年3月10日(月)

留学生たちの卒業記念パーティー

 卒業する留学生たちが旅立ちます。今回は大学院修了者15名、学部卒業者14名です。
 大阪での生活、本学での勉強、楽しい思い出をいっぱい作ってくれたでしょうか。多くの先生方、国際交流の担当職員さん、さらには国際交流会館の学生サポーター、留学生への学生サポーターたちが皆さんを応援してきました。故国に帰られる方、日本で働かれる方、道は違っていても“大経大PRIDE”を持って、今後活躍されることをお祈りいたします。

○殷 彦祥(イン ゲンショウ)さんのコメント
 光陰矢のごとし。大阪経済大学大学院での二年半があっという間に過ぎました。研究室の自分の席を片付けて、何も知らないまま新入生の時の自分を思い出しました。“0”から“1”に、“1”からまた“0”になります。ようやく学生から社会人になることにわくわくしています。周りの院生の皆さんも、二年間で凄まじい成長を見せました。この成長ができるのは、大阪経済大学があるからです。研究者の卵としての覚悟を持たせること、社会人としての自覚を持って仕事に臨むこと、我々大阪経済大学大学院の卒業生たちは、大阪経済大学と一緒に、新たな“1”を描き始めようとしています。

○閻 九齢(エン ジュウリン)さんのコメント
 大経大ありがとう、そして、さようなら。この四年間、私を成長させてくれてありがとう。良い勉強の環境をくださってありがとう。優しい先生、たくさんの友達との出会いをありがとう、生活が厳しい時に奨学金という形で応援してくれてありがとう、たくさんのサボリや遅刻ごめんなさい…春夏秋冬四回も一緒に過ごしたね、今は卒業だと思うと、涙とたくさんの思い出が浮かんでくる。温かく歓迎してくれた入学式、新入生キャンプ。日本人のサポーターやチューター、様々な国の留学生と仲良くなり、みんなとのカラオケ、バス旅行、遠足。新しい出会いと寂しいお別れ。毎年の七夕パーティー、クリスマスパーティー、文化祭。それと失敗した初めての恋…
 就職が決まらない時、慰めてくれる、励ましてくれる先生、良いことがあるとお母さんのように喜んでくれる先生、授業の時は厳しく、飲む時は友達のような恩師。心から感謝します。
 ありがとう、私の第二のふるさと。あなたはわたしの誇り、そして、これから私もあなたの誇りになるよう頑張って行きたいので、ご期待ください。