学長・野風草だより

No.454

No.454 2014年4月20日(日)

「就職の大経大」に向けて新たなチャレンジ!

 2月20日、卒業生が社長や役員を務めている企業が集まり、3年生に向けて就職セミナーを開催しました。これは昨年12月に開かれた卒業生の社長や役員 からなる「春秋会」の席上で、もっと在校生の就職を積極的に応援しようということで、開かれたものです。当日は、株式会社AIT、OS株式会社、大阪シ ティ信用金庫、株式会社カナデン、九州観光株式会社、株式会社ケーズホールディングズ、株式会社産業経済新聞社、株式会社スーパーホテル、大和リース株式 会社、株式会社帝国電機製作所、ナカバヤシ株式会社、株式会社日興商会、日本ジッコウ株式会社、株式会社ハブ、ホーチキ株式会社、株式会社マルアイ、株式 会社モリタホールディングズ、株式会社京都西川、岩谷産業株式会社、株式会社タカショーの20社に参加していただきました。卒業生の役員、卒業生の若手社 員が会社の説明をしてくれると、参加した170名の在学生もやはり親近感がわくようでした。こうして、卒業生と在学生のつながりを強めて、さらに「就職の 大経大」をアピールしていきたいものです。参加していただいた企業の皆さま、ありがとうございました。

○進路支援センターの後藤健治さんのコメント
 「就職の大経大」はこんな所でつな がっているのをご存知ですか?昨今は多くの大学が、合同企業説明会を学内で開催していますが、先日本学で開催した合説はちょっとした特徴がありました。参加企業20社ですが、実は社長や役員を大経大の卒業生が務めている会社ばかり。もちろん次の日本をになう優良な企業です。後輩を採用して一緒に日本を盛り 上げていこうと賛同して頂いた卒業生社長とつながって、この企画が実現しました。先輩が経営している会社なので親近感があり、普段は緊張している学生達 も、のびのびと過ごせている様子。時間をいっぱいまで利用して、仕事内容や業界の魅力を質問していました。がんばれ就活生!

 3月10日には、体育会本部の主催、進路支援センターと学生部スポーツ文化振興室が後援して、株式会社ディスコの協力のもと、体育会クラブ所属学生に向 けた就職セミナーが開かれました。今までになかった画期的な試みです。私は残念ながら所用のため顔を出すことは出来ませんでしたが、後援した担当部署の職員さんにコメントを頂きました。こうしたいろいろな試みを行い、改良して継続していくことで、名実ともに「就職の大経大」を作っていきたいものです。

○進路支援部・就職課の加藤 正憲さんのコメント
 体育会学生の学生生活において、 部活動と就職活動の両立は厳しい反面、企業社会における体育会学生の採用意欲は高くなっています。そのような企業ニーズと体育会本部を繋げる形で開催し、 大手企業など特定の大学で会社説明会を実施していない企業の参加もあり、大企業から優良中堅・中小企業まで幅広い規模と業種の17社に来学いただきまし た。また、就職活動での常識であるリクルートスーツではなく、敢えて体育会学生の気合の入るユニフォームやチームジャージ姿で参加することを条件に、常識 を超えた企画を特色として実施したことが、企業と学生の双方より高い評価を得ることができました。次年度は時期設定などの難問もありますが、クラブ学生の 満足行く就職活動を支援して、大学のクラブ活動をサポートしていきます。

○学生部・スポーツ文化振興室の林 哲也さんのコメント
  体育会合同企業セミナーは、就職課全面協力のもと体育会本部主催で、2013年度に初めて開催されました。開催に至った背景には、規律を守り礼儀正しいこ とで企業からのニーズがある一方で、試合や練習のために就職活動が疎かになり不安を抱えているクラブ学生が多いという実情がありました。今回、「大阪経済 大学の体育会系学生がほしい」とお越しいただいた17社の企業に対し、90人のクラブ学生が参加しました。一般的な合同企業セミナーと違う大きな特徴は、 「体育会クラブ学生限定」「スーツ不可」「ユニフォームで参加」ということです。この特徴によりクラブ学生は自信を持って参加できたようで、「どういった ことが求められているかがわかり勉強になった」「ぜひもっと開催してほしい」と大好評でした。今後も就職課とスポーツ文化振興室が強く連携し、クラブ学生 を強力にサポートし続けたいと思います。