学長・野風草だより

No.526

No.526 2014年11月16日(火)

1部昇格・2部全勝優勝のバスケ部の祝勝会

 バスケット部の祝勝会がOB会の主催で、D館8階で開かれました。たくさんのOBさんたち、選手の保護者の皆さんが参加されました。2部での全勝優勝、1部昇格を果たしましたので、否が応でも盛り上がります。私は、8月30日、9月6日、10月12日の3回応援に出向きました(野風草だよりNo.512)。1部昇格を決めた10月11日の試合を応援できなかったのが、ちと心残りです。体育館にも時々足を運んで練習風景を見ることがあります。全員で目標に向かっている姿は実に気持ちが良かったです。以下はその時の私の挨拶した内容です。

 おめでとうございます。3年間悔しい思いをした4年生の皆さん、見事リベンジを果たしましたね。最後の最後で後輩たちにすばらしいプレゼントをしてくれました。3年生以下の皆さん、そして主務やマネージャーの皆さん、ご苦労様でした。部員全員の勝利ですね。そして井上監督、鳥コーチ、三枝コーチはじめ、関係者の皆さまに改めて感謝申し上げます。
 来年度からは1部リーグ、壁は厚いと思います。当面は1部残留が目標になるかと思います。当面1つだけ、インカレ出場を目標に掲げてください。スタッフの方々が言っていましたが、ここ一番で我慢が出来るようになった。ズルズルと崩れなくなったことが、大きな成長だそうです。
 私から一つお願いしたいことは、もちろん勝つことに全力をあげることは当然ですが、美しいプレースタイルを作り上げていってほしいと思います。相手をリスペクトする。バスケが出来る喜びが周りに伝わっていく。大経大さんと試合したら気持ちがいい。レフェリーの方が大経大の試合の笛を吹くのは楽しい。ただ勝てばいいのではありません。勝つことと美しいことは矛盾するようですが、結果は後から付いてくると思います。そんな大経大バスケ部のプレースタイルを目ざしてほしいと思います。これからも応援します!

○4年生主務の中野祐子さんのコメント
 たくさんの応援ありがとうございました。この度、ずっと目標にしてきた2部全勝優勝、そして1部昇格を果たすことができました。入学してから、毎年1部2部の入れ替え戦でなかなか勝つことができず、悔しい思いをしてきました。勝ちたい気持ちが大きくて泣いたこともありました。また、マネージャーが何をすれば選手は勝てるのか考える毎日でした。でも、気づいたことがあります。不安になってもダメだということです。Dolphinsは強い!負けない!と信じることが何より大切だと実感しました。
 選手のみんなには心から感謝しています。ありがとう。そして、毎試合応援に来てくださったOBの方、大学関係の方、保護者の方、たくさんの方のおかげだと思っています。来年は1部で厳しい試合も多いと思いますが、今後とも応援宜しくお願い致します。

○4年生マネージャーの金谷綾香さんのコメント
 今年度、チームの目標としていた関西学生バスケットボール2部リーグ戦にて全勝優勝を果たし、1部昇格を実現できたことに大変嬉しく思います。3年間、毎年入替戦の舞台で1部昇格へのチャンスを逃し続け、悔やむ先輩方やスタッフの方の姿を目にしていたので4年目にして、目標を達成した瞬間は涙が止まりませんでした。ここまでチームが強くなり一丸となれたのも現役の選手やスタッフだけではなく、OB、保護者の方や先輩方の力もあり、実を結んだのだと実感しています。感謝の気持ちでいっぱいです。本当に有難うございました。
 来年度からは、1部リーグにての戦いとなり、状況は苦しくなりますが後輩たちならきっと全国大会へ繋げてくれると信じています。これからもバスケットボール部のご指導、ご声援宜しくお願い致します。