学長・野風草だより

No.527

No.527 2014年11月26日(水)

地元の企業との産学交流

 この度、一般社団法人東淀川工業協会(四方邦夫会長)の協力を得て、学生の採用やキャリア教育などで一層の交流を深めるために、初めての交流会を行いました。株式会社神戸屋、東洋建設株式会社、安積濾紙株式会社、鈴木油脂工業株式会社、株式会社西川、宮川化成工業株式会社、飯田繊工株式会社、株式会社防災プロジェクト、久保孝ペイント株式会社の9社に参加いただきました。今回の企画にお骨折りいただいた池田泉州銀行上新庄支店の代表の方もお出でいただきました。皆さまに感謝申し上げます。
 「日に一度パンをかかさぬ母の愛」という看板が、阪急電車に乗ってると目に飛び込んできます。上記の会社も通勤途上でよく見かけます。身近な存在であるにもかかわらず、これまで深いお付き合いがありませんでした。もちろん本学の卒業生が勤務している企業さんがほとんどです。学内での企業説明会の実施、インターンシップの受け入れ、地元企業と本学とのモノづくり魅力発信セミナーの開催など、今後ともさらに交流を深めていきたいと思います。

○一般社団法人 東淀川工業協会 副会長 小仲 均(株式会社神戸屋)様のコメント
 企業経営の課題は何かという問いに対し、「人材の確保と育成である」という回答が目立つ昨今です。しかし本来、時々の経済環境に関わらず「企業は人なり」との考え方は普遍的なものであり、「これは」という人材を発見し、相互理解のもとで仲間に迎え、社会人として成長していただくと同時に会社の発展に寄与していただくことは、まさに経営上の最重要テーマの一つです。
 大阪経済大学様と東淀川工業協会との交流事業は今回初めて取り組む企画ですが、東淀川区に拠点を置く産・学として、キャリア教育や、就職・採用の場面における連携などを通じ、ともに発展できるような活動に育成したいと願っています。今後一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。