学長・野風草だより

No.533

No.533 2014年12月5日(金)

マラソンサークルでフルマラソンをめざす

 時折、体育館をのぞきクラブの練習などを見て激励しています。トレーニング場をのぞいたら、奥のランニングマシーン・トレッドミルで走っている女子学生がいました。見かけない顔なので、どこのクラブと聞いたら、私たちマラソンサークルなんですと言われて、ええっ、そんなのあったけなと思いました。今日は10キロ走りますとのこと。本気やんけと思い、何かに出るのと聞いたら、神戸マラソンでフルマラソンの完走をめざしています!びっくりしましたね。後日学長室にメンバーに来ていただき、お話を聞きました。

 マラソンサークル・がんばRUN(らん)は、この10月に人間科学部2年の4人の女子学生で立ち上げたそうです。現在は10人ほどいて、中高で陸上をやってた学生もいれば、未経験者もいるとのこと。淡路島での24時間マラソンでは、1周2キロのトラックでみんなで協力して24時間走り通したそうです。長居や宝塚のハーフマラソンを経験し、木津川のフルマラソンでは6時間ちょいで完走したそうです。みんな、走るのが好き、みんなでフルマラソンを完走するのがサークルの目標だそうです。いいですね。


 第4回神戸マラソンは、11月23日に開かれました。フレンドシップランナーとして、京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授が走って話題になりました。応募者多数のため抽選となり、部長の笹島さん一人が走れたそうです。記録は、見事5時間を切ったそうです。おめでとうございます。学生さんたちがクラブだけでなく、こうした自主的な集まりでスポーツを楽しむのもいいですね。がんばRUN(らん)の皆さん、がんばるん(RUN)よ!応援します!

○サークル・がんばRUN 部長の笹島静恵さんのコメント
 私たち「がんばRUN」は、“楽しく笑顔で完走”を目標にトレーニングをしています。メンバーはフルマラソン経験者、中高の元陸上部、走ることに縁のなかった人様々です。私たちは全員が入学してから出会いました。そんな私たちがサークルを立ち上げたのは「第3回24時間リレーマラソン2014 in明石海峡公園」に出場したのがきっかけです。このマラソンは24時間、メンバー交代をしながらリレー形式で走り、チーム全員の走行距離の合計で順位を競います。 最初は遊び半分の軽い気持ちでしたが、正直とても過酷な大会でした。それでもみんな必死で襷をつないで完走しました。そして、来年も一緒に走るために一緒に練習をしたいと思い、設立をしました。現在は、全員がフルマラソン完走と24時間リレーマラソン完走を目指して練習をしています。これからも頑張ります。