学長・野風草だより

No.546

No.546 2014年12月19日(金)

伝統を受け継ぐ3本部の幹部交代式

 12月1日には体育会本部、16日には芸術会本部、19日には学術会本部の幹部交代式に出席いたしました。毎年お招きをいただいていますが(野風草だよりNo.159312)、本当に各クラブの活動を支える縁の下の力持ちとしてよくやってくれているなと、感謝の念ばかりです。旧幹部の皆さんのご努力で、今年もマナーアップキャンペーンでは大活躍してくれましたし(野風草だよりNo.513)、各クラブとも立派な戦績、活動実績を残してくれました。50年を越える伝統を、新しい幹部の皆さんには、是非とも受け継いでいってほしいと思います。


○第53代体育会本部 本部長 中谷 元哉 さんのコメント
 はじめまして、第53代体育会本部本部長に就任した中谷元哉と申します。私の本部長としての抱負は体育会をよりよくしていくために、積極的に活動していこうと考えております。今までしてきた活動はもちろん、新しい活動にもどんどん挑戦していきたいです。また、私は「挨拶の出来る体育会」にしていきたいと考えております。そして、体育会から大学全体に広げ、大阪経済大学をより良くしていきたいです。

○第52代体育会本部 本部長 玉置 大 さんのコメント
 体育会本部長を引退してから様々な事を走馬灯のように思い巡らしておりました。自分のような者にこのような大役か務まるのかと心細かった就任時。後輩のイキイキとした顔を見て、覚悟を決めた就任後初の会議。あともう少しでも成長して欲しいと願い、飛ばした檄。一番怒り、一番励ましていた自分の姿までも鮮明に覚えております。反省点は数えきれませんが、その中でも、失敗から学んだ事も多くあると実感しております。今、何をすべきか?自分はどうあるべきか?自問自答の日々でございました。自分が何かを成し遂げられたかどうかは分かりませんが、自分が檄を飛ばしても付いてきてくれた素晴らしき自慢の後輩達がその答えを形にして出してくれると思います。沢山の方々に支えて頂き、ここまでやってくることができました。本部で学んだことを最大限に活かしてこれからの苦難と向き合いながら、自分の人生を歩んで行きます。最後の最後まで誠にありがとうございました。そして、頑張れ!自慢の後輩!

○第59代芸術会本部 本部長 犬伏 輝 さんのコメント
 芸術会本部の歴史は59年の歴史があります。芸術会の中には芸術会本部以上に長い歴史あるクラブもありますが、どのクラブも伝統を重んじて今日まで引き継いでいます。芸術会本部長として各クラブの伝統を守れるよう、各クラブ活動が円滑に進められるよう陰ながらサポートに徹していきます。そして、芸術会の各クラブに共通して「挨拶、礼儀」を重んじる伝統です。しかし、部内では徹底できていても、部外の人への挨拶が徹底できていないので誰にでも挨拶が出来る芸術会にしていきたいです。

○第58代芸術会本部 本部長 梶谷 薫平 さんのコメント
 私は芸術会本部を通して、普通に大学に通うだけでは出来ないような経験を沢山させていただきました。その中で本部長という役職に就かせていただき本当に充実した大学生活を送ることが出来ました。至らない点沢山あり多くの方にご迷惑を掛けてしまいましたが最後は無事に終えることができました。これからは後輩の芸術会本部員が更に良いものにしてくれると期待しております。

○第55代学術会本部 本部長 山本 裕介 さんのコメント
 私が大学に入った時は、このような立場に着くとは夢にも思っていませんでした。私自身、あまり一人で何でもできる方ではございません。ですので、私は、お互いが協力しやすい学術会にしていきたいです。役職や肩書きに縛られず、困っていれば助け、助けられ、そうやって互いの繋がりを深くしていきたいと感じています。なかなか難しい事だとは思いますが、精一杯頑張らせて貰いたいと思いますので、よろしくお願いします。

○第54代学術会本部 本部長 足立 菜緒 さんのコメント
 学術会で本部長を1年務めさせてもらい1番感じたことは、周りの人々に恵まれていたなということです。イベントや活動などなかなか思ったようにいかず辛いことも多かったのですが、学術会員や他の団体の方々など本当によくしてくださり励まされました。なかなか出来ないような経験も沢山させていただき自分自身大きく成長できたと感じます。今後の学術会についてですが、年々良い感じに団体としてまとまり、活発に動き出している時がまさに今だと思うのでこれからも自分たちが良い環境で活動できているのだということを忘れず、ますます頑張って良い団体を目指して欲しいと思います。