学長・野風草だより

No.555

No.555 2015年2月23日(月)

「教職の大経大」!!!

 教職の合格は、現役生が2名、既卒生が20名でした。昨年が現役4名を含めて9名でしたので(野風草だよりNo.431)、何と2.2倍の増加です。小学校9名、中学校4名、高校7名、他(小中高の校種未定)2名でした。教職に力を入れ始めて、一年一年着実に成果が出てきています。「教職の大経大」!!!といっても恥ずかしくありません。学生さんの踏ん張りは当然ですが、教職担当の教職員の皆さま、卒業生の大樟教育研究会の皆さま、非常勤の小部修先生はじめサポートしていただいた多くの皆さまのおかげです。小学校の免許を取らせていただいている神戸親和女子大学にも改めて御礼申しあげます。

 お祝い会ということで集まりました。今年残念ながら合格できなかった学生さんにも来てもらい、激励会ともなりました。常勤、非常勤講師をしながら、採用試験を目指す決意を語ってくれました。あきらめたらあかんよ。驚いたことに、卒業して会社勤めを何年かした後、教職の夢を追い求めて会社を辞めて採用試験を目ざしている卒業生2名も来ていました。こうして「教職」ということで、集まれることは幸せです。みんな、夢を実現しような!私たちはできる限りの応援をします。

○経済学部経済学科の久保卓也君(写真右)のコメント 合格:和歌山県/小学校
 大学生活を送る中での最大の目標だった教員採用試験に無事合格することができてとてもうれしいです。自分は本当に周りの環境に恵まれていると思います。大学の採用試験に向けたサポート体制が充実していたことや、同じ教師を目指す頼もしい友達がいてくれたからこそ合格することができました。残りの大学生活で、今だからこそできることに取り組み、来年の4月に向けてしっかり準備していきたいです。



○人間科学部人間科学科の馬場奎太君(写真左)のコメント 合格:東京都/中高・保健体育
 大経大初の保健体育現役合格することができてすごく嬉しいです。こうして合格できたのも、親しい友人と互いに高め合えたこと、また同じ志を持った仲間と一緒に頑張れたこと、そして教務部の方々や先生方にサポートしてもらえたことが大きな要因だと思います。これからは教員という仕事に取り組んでいくための準備をしていかないといけないので再度気を引き締めていきたいです。