学長・野風草だより

No.601~610

No.601 2015年5月31日(日)

黒正ダービー、アメフト部2年連続勝利!

 1990年より岡山大学アメフト部との定期戦が行われており、昨年よりは「黒正杯」として行われるようになりました(野風草だよりNo.473)。昨年は岡山大学で行われ、今年は神戸の王子スタジアムで開かれました。主将よりトロフィーが返還され、私がコイントスをしました。たくさんのOB・OG、保護者や教職員の皆さんが応援しました。チアーリーダー部の女子部員も熱心な応援をしてくれました。
 試合は、第1Qはやや押され気味でしたが、何とかしのいで0対0。第2Q、相手ミスをうまくボールを奪って、タッチダウン。これで波にのり、優位に試合をすすめていきました。最終的には22対3で圧勝しました。試合終了後、飯野主将にトロフィーを渡すことが出来ました。全員で写真を撮りました。この調子で、是非とも2部昇格を実現してほしいものです。

○アメリカンフットボール部主将・飯野 拓馬君のコメント
 毎年春シーズンに行われる岡山大学との定期戦。試合前には第1回大会優勝チームとして、德永学長にトロフィーを返還しました。今回の試合、私達BOMBERSにとっては『黒正杯』でもあり、今年度の新チームの大事な初戦でした。昨年の勝利チームである誇りと、今年も必ず奪取しなければならないという使命感からプレッシャーを感じていましたが、結果的には22対3で勝利することができました。
 試合後、トロフィーを返還していただき、達成感と同時に大経大の誇りを守ることができ、ほっとしました。そして、チームとしても初戦を勝利で飾ることができ、良いスタートが切れました。まだまだ発展途上のチームで課題はたくさんありますが、日々の練習に高い意識で取り組み、今年こそ昨年あと一歩のところで手が届かなかった2部昇格を必ず掴み取りますので、ご声援宜しくお願いいたします。

○副将・椿 大地君のコメント
 私たちの代の新チームが始まって初めての公式戦が岡山大学との定期戦でした。学長や大学関係者の方々、OB・OGに部員の保護者の方々など、多くの人にご声援をいただき、22対3で勝利することができました。その中で、自分が新チーム初のタッチダウンを取り、今シーズン1勝目を飾ることができたことを非常に嬉しく思います。昨年から「黒正杯」と名付けられた定期戦に、2年連続で勝利することができほっとしております。
 しかし、勝ったとはいえ課題の残る試合でした。チームとしてはまだまだ未熟ですが、春季の試合で課題を出していき、秋季のリーグ戦に向けて、個人として、そしてチームを成長させていきたいと考えています。次戦の神戸学院大学戦での勝利を目指し、日々の練習を重ねていきます。今後とも応援宜しくお願い致します。