学長・野風草だより

No.623

No.623 2015年7月3日(金)

初めての本学での指定校説明会

 指定校説明会はこれまで梅田などのホテルでやっていましたが、初めて本学で開催しました。進路担当の先生に、これまでの古い建物、男子学生ばかりの暗いイメージを払拭していただき、綺麗になった本学のキャンパス、女子学生が増えて活気あふれるキャンパスを直接見ていただく狙いです。D80教室での説明会には、近畿一円から70校、72名の先生方にお越しいただきました。お忙しい中おいでいただき、改めて感謝申し上げます。私からは本学の教育の現状と今後の方向、入試委員長からは本学の歴史や教育の特徴、入試職員からは指定校推薦の仕組みについてお話ししました。

 終了後のアンケートでは、キャンパスの雰囲気がよくわかった。きれいな建物に驚いた。大経大の教育の理念や目指す方向をわかりやすく説明していただいた。大学の良いところ、悪いところも包み隠さず話してくれて、大学の自慢話に終わることがなくて好感がもてたなどの感想が寄せられていました。今年訪ねた説明会では一番良かった、眠くならない説明会は初めてだったという、過分のお褒めの言葉もありました。
 また、自分の高校の卒業生が大経大に通って、こうしてきちんと面倒をみてくれていることに感謝する、元気でやっているとの報告を受けるととても安心するとの記述もありました。本学の卒業生の先生の感想では、9年ぶりに訪れたが、本当にきれいになっていて「ウラシマタロウ」の心境でしたとのことでした。
 世間では派手な宣伝、新学部・新学科の設置などが目立ちます。しかし、教育の充実によって大経大の評価をあげていくこと、高校の進路担当の先生方に安心して大経大を推薦していただくことが、これからの大学にとって遠回りのように見えて一番の近道であることを痛感した説明会でした。覇道ではなく、王道を歩んでいきたいものです。