学長・野風草だより

No.632

No.632 2015年9月1日(火)

アメフト部の超ビッグ・プレー!タッチダウン100回分

 アメリカンフットボール部が、豊中市教育委員会から特別の表彰を受けました。以下の内容でした。


感謝状
大阪経済大学アメリカンフットボール部 様
 あなたは、豊中市立桜井谷小学校のフラッグフットボールの授業支援にいつも笑顔で関わってくださり、子どもたちのナイスプレーとチームワークを育てていただきました。よってその献身的な努力を讃え心より感謝の意を表します。
平成27年(2015年)9月1日 豊中市教育委員会事務局
               学校教育課長 鈴木雷三

 アメフト部は、本学の地域の小学生向けのキッズカレッジで活躍してくれています(野風草だよりNo.192364)。また小学生のフラッグフットボールの指導を日本フラッグフットボール協会と協力しながら、この8年間続けています(野風草だよりNo.37)。指導している児童さんたちが試合の応援に駆けつけてくれることもあります(野風草だよりNo.473)。フラッグフットボールについては、以下のHPをご覧ください。http://www.japanflag.org/

 今回は、豊中市の小学校で修学旅行が事故のため急遽中止になり、校長先生から修学旅行にも勝るとも劣らない思い出作りに協力してくれないかと、協会を通じて依頼があったそうです。
 これまでの実績やつながりから、本学のアメフト部が全面的に協力をして、6月中の授業や7月での6年生の校内大会に、部員たちが交替しながら毎週出かけてくれました。給食なども一緒に食べることもあるらしく、当日おいでになった校長先生も、皆さんのおかげで、本当にいい思い出作りをしていただいたと、感謝されていました。

 アメフト部の皆さん、ありがとう!こうした地道な活動をされるアメフト部は、本学の誇りです。まさに「大経大プロフェッショナル」です。部員は現在80名ほどいるそうで、女子マネも20名ほど居て、チームを支えてくれています。タッチダウン100回分の超ビッグプレー!!!(9月5日の初戦、16対7で大阪市大に勝ちましたね。おめでとう!応援また行きます。)

○アメフト部フラッグフットボールリーダー 4回生の髙野 史浩君のコメント
 豊中市教育委員会より感謝状をいただき大変嬉しく思います。初めてフラッグフットボールの授業にとりくんだ時は子ども達にどのように関わったらよいかわからず、戸惑いましたが、笑顔をたやさないように私達も楽しむ事と、同じ目線にたって子ども達と一緒に考えることにより、子ども達とうちとけて馴染むことができました。1番嬉しかったことは授業を通じて仲良くなった子ども達が手作りの横断幕をもって私達の公式戦の応援に来てくれたことです。このような私達の応援にきてくれる子ども達を増やすためにも、これからも、フラッグフットボール支援に積極的に取り組んでいき、子ども達に楽しい授業だったと言ってもらえるように励んでいきたいと思います。

○アメフト部マネージャー 3回生の森 円花さんのコメント
 フラッグフットボールの授業では、子供たちが楽しむ姿を見て私も元気をもらえるので毎週とても楽しみにしていました。プレーで上手くいかなくて悔し泣きをする子がいたり、「ナイス!」や「ドンマイ!」の応援する声でチームがひとつになったり、真剣にプレーをしているところを見ることができて、とても嬉しく感じ授業支援をしてよかったなと思いました。秋リーグが始まりますが、多くの人に大経大アメフト部も応援してもらえるようなチームを目指して、今後もこのような活動を続けて行きたいと思います。