学長・野風草だより

No.640

No.640 2015年10月16日(金)

プレス懇談会で大経大を発信する

 プレス懇談会も今年で3回目となりました(野風草だよりNo.367460)。今年は「地域とつながる大阪経済大学の社会課題への取り組み報告」をテーマに、本学の研究・教育の状況をマスコミの皆さまにお伝えしました。朝日新聞社、朝日学生新聞社、毎日新聞社、読売新聞社大阪本社、週刊大阪日日新聞社、サイケイリビング新聞社、本気メディア、計7社、10名の参加がありました。こうして回数を重ねていくことで、マスコミとの繋がりも強くなってきているように思います。プレス懇談会への案内を送ることで、事前に経営学部第2部の取材を受けることになり、記事にもなりました(毎日新聞10月10日付、朝刊)。

 当日は、経営学部の四條北斗講師より、「関西の私大唯一の夜間学部拡充へ」と題して、2016年度より定員増をした経営学部第2部の紹介がありました。そして経営学部の藤澤宏樹准教授より「日韓低所得世帯教育支援法制の公法学的実証研究より」、情報社会学部の中村健二准教授より「ネット犯罪から子どもの安全を守る」の研究報告があり、地域の小中学生への補習授業をしている「だいけいだい教室」の地域貢献と教育効果の紹介が、教務部職員と携わっている卒業生と在校生からありました。

 続いて13名の教員の研究・教育紹介(現在やっている研究・ゼミ内容、コメント可能な分野)がパワポでなされ、紹介された教員が一言ずつ挨拶をしました。若干の質疑応答の後、経営学部の足代ゼミが中心となって行っているB館2階の学生企画「おひとり様カフェ」の紹介と、経済学部1年の矢野右京君らが活動している「学生団体ivote関西」の紹介が行われました。矢野君らの活動は、選挙に関心が薄い若者たちにいかに選挙投票をしてもらうかを考え行動しているユニークなもので、「おひとり様カフェ」とコラボして「選挙割引」をしようとするのものでした。こうして学生たち自身による多彩な自主的な活動が行われているのは、うれしい限りです。

 その後は、会場を「おひとり様カフェ」に移して、マスコミの皆さまと懇談しました。飲み物や軽食をいただいてもらい、おひとり様カフェを実体験してもらいました。今どきの学生はこういった空間が必要なんだといった感想など、和やかに懇談しました。その後、この様子は、朝日新聞(11月5日付朝刊)や号外ネットで紹介されました。お忙しい中、ご参加いただいたマスコミ各社の皆さまに御礼申し上げます。広報課・広報委員の皆さま、ご苦労様でした。