学長・野風草だより

No.650

No.650 2015年10月31日(土)

就活でつながる卒業生と現役生

 大樟祭でにぎわうキャンパスで、3回目となるフレンドリーディスカッションが開かれました(野風草だよりNo.517)。卒業して数年たった企業に勤めている人たちに集まってもらい、就活している現役学生と気楽に情報交換してもらおうという試みです。今回は企業から31人、学生たちが26人の参加でした。数グループに分かれて、懇談をすすめ、15分ほどしたら、また別のグループに移り、たくさんの企業の方と話せるように工夫されています。こうしたきめの細かい対応が、学生さんたちの就活への不安を和らげ、頑張ろうという意気込みにもつながっていくのですね。現役学生さん、みんなが君たちの背中を後押ししてくれているのを忘れずに、就活を楽しんでください。

 昼からは、隣のE館7階のロビーで軽食をいただきながら、フリートークでした。先ほどとはまた一味違った雰囲気です。クラブや各種のイベントを通じて私の知っている企業人もたくさんいて、元気にしているかと声をかけて回りました。卒業してからも元気で活躍している姿を見るのは、うれしい限りです。私のゼミ生も、ある警察のリクルーターとなって来ていました。彼もまた、就活ではゼミの先輩の警察官にお世話になりました。こうして、ご縁がどんどん繋がっていくのですね。もっと大げさに言えば、9万2千人の卒業生の人脈が現役学生にまで繋がっているのです。これこそが、「就職の大経大」である本学の強みです。ご参加いただいた卒業生の皆さまに、御礼申し上げます。