学長・野風草だより

No.703

No.703 2016年6月26日(日)

陸上部駅伝2年ぶりの伊勢路へ、サッカー部首位で折り返し

 6月18日、京都の西京極競技場で、全日本大学対校選手権大会の関西地区予選が行われました。3年連続出場していましたが(野風草だよりNo.224382471)、昨年は惜しくも出場を逃しました(野風草だよりNo.613)。昨年の悔しさをバネに、部員たちはこの1年間、練習に励んできました。10人の選手が4組に分かれて走り、上位8名の総合タイムで決まります。3組までは、何とわずかの差で5位。ムムッ・・・・最終4組の3名に期待が集まります。400mを25周、最初から3名が飛ばしてくれます。10周くらいまでは静かに応援していましたが、だんだんとエキサイトとしてきます。最後の2周くらいになると、スタンドから懸命にいけいけいけ!!!、と声を張り上げての応援になります。3名は落ちることなく、2位をはじめ上位でゴールイン!!!
 電光掲示板に結果が出て、堂々の3位。鶴谷監督などと握手のしまくり。あと6秒で、出雲路も走れたのに、などと欲張りな声も出てしまいます。選手の皆さま、部員の皆さま、本当によく頑張ってくれましたね。おめでとう。伊勢路では、最後の8区まで、全員でタスキを受け継ごうぜ!鶴谷監督、黒坂部長はじめ関係者の皆さま、本当におめでとうございました。この間のご指導、ありがとうございました。また、この日は大樟体育会の皆さんが応援に駆け付けてくれていました。スタンドでは選手の同級生、保護者の方々などと一緒に応援しました。こうして大学の関係者が心ひとつにしての応援こそ、大学スポーツの素晴らしいあり方です。

○陸上競技部主将 北原 俊幸君のコメント
 全日本大学駅伝関西地区予選会では、たくさんの大学関係者の方にお越しいただき、また、選手たちに熱いご声援をいただきまして、誠にありがとうございました。皆様の応援のおかげで3位になることができ、秋に名古屋~伊勢間で行われます全日本大学駅伝に出場することができました。去年は本戦に出場することができなくて、非常に悔しい思いをしました。今年はその思いを常日頃忘れることなく、チーム一丸となり日々努力したことで、去年の借りを返すことができました。本戦では、一人一人が全力をつくし、2009年以降達成できていない、「全区間で襷を繋げる」ことと、さらには関西勢トップを狙っていくことを目標とし、これからの練習も頑張っていきたいと思います。
 今後ともご声援のほど、宜しくお願いいたします。

○主務 高嶋 宏治君のコメント
 この度私たち陸上競技部は、6月18日(土)に行われました、「第48回全日本大学駅伝対校選手権大会」の関西地区予選会におきまして、3位に入ることができ、2年ぶりに本戦への出場権を獲得することができました。昨年度は数秒差で出場権の獲得を逃し、非常に悔しい思いをしました。この1年間、その悔しさを忘れることなく、鶴谷監督の下、チーム一丸となって取り組んできたことが、3位という予想以上の結果に結びついたように思います。今大会では、德永学長をはじめ多くの大学関係者の皆様に、熱いご声援を頂いたおかげで、選手全員が奮起することができ、このような結果を残すことができました。
 11月6日(土)の本戦では、応援してくださる方々への感謝の気持ちを忘れず、襷を最後まで繋ぐことを目標に、チーム一丸となって取り組んでいきたいと思います。この度は、たくさんの応援を頂きまして、誠に本当にありがとうございました。これからも陸上競技部は、鶴谷監督の指導の下、更なるレベルアップを目指して頑張ってまいりますので、今後ともご声援のほど、宜しくお願い致します。

 26日は、摂津グランドでサッカー部の応援です。宋仁守前部長がこの3月にやめてから、まだ応援に行けていなかったので、何とか日程をやりくりして応援に出かけることが出来ました。相手は神戸大学。私の4年ゼミ生がマネージャーをしてるし、1年生サッカー部員たちの何人かは私の新入生特殊講義を受けており、応援にも力が入ります。相手守備陣のミスもあり、3対2で勝利!!!マネージャーからは、先生が応援に来てくれた時の勝率はバツグンです、とおだてられて、また次も来なくっちゃと乗ってしまいます。
 7月3日で2部Aリーグは前節が終了し、最終戦の追手門大学との試合も2対1で勝利し、勝ち点17の首位で折り返しています。ただし、2位が勝ち点16、以下15,14,14,12と続く団子状態ですので、気が抜けません。後節終了して首位で1部自動昇格を果たすことを祈っています。過去何回も悔しい想いをしてきた、入れ替え戦はごめんだぜ・・・。