学長・野風草だより

No.708

No.708 2016年7月7日(木)

7月7日の留学生交流七夕パーティー

 本学に留学していた外国人留学生のうち、韓国の仁徳大学の女子学生3名、中国の上海対外貿易大学の女子学生2名、そして1年間勉強したドイツのベルリン技術経済大学の女子学生1名の計6名が帰国することになりました。7月7日の七夕の日に、お別れのパーティーがD80教室で開かれました。みんな浴衣を着て、とても楽しそうでした。あっという間の半年間、1年間だったかもしれませんね。学内で本学の学生と話す姿をよく見かけました。楽しい思い出をもって帰国してくれると、うれしい限りです。

 当日は、在学している他の留学生たち、サポーターの学生たち、合わせて77名の参加で、七夕の夜を楽しみました。お馴染みとなった浦野君の南京玉すだれ、屋台での焼きそば、フランクフルト、ラムネなどを飲んで食べて、出し物の金魚すくい、輪投げ、射的などの遊びで楽しみました。こうして本学学生との交流が深まってくるのもうれしいですね。
 近くの北淀高校のユネスコ部の学生さん3名が来てくれました。今までも来てくれてたし(野風草だよりNo.121250615)、秋には本学の留学生たちが北淀高校を訪ねて、交流を深めています。最初はちょっと緊張気味でしたが、一緒に輪投げをしたりするうちにリラックスしてくれたようです。ユネスコ部顧問の安岡先生、生徒の皆さん、ありがとうございました。いつもお世話いただいている国際交流課の皆さんはじめ留学生を支えて下さっている教職員、学生の皆さまに、心から感謝いたします。

○3年生の西之原大輝君のコメント
 先日は貴学の留学生七夕パーティーにご招待いただきまして、ありがとうございました。大学生の皆様はとても優しく、たくさん話をしてくださいました。留学生の方ともたくさん交流をすることができて、とても楽しかったです。南京たますだれの技もすばらしく、終始楽しい気持ちでした。ありがとうございました。

○2年生の春原太一君のコメント
 七夕パーティーにご招待していただいて、ありがとうございます。食べ物もおいしかったし、出し物も楽しかったし、大学生の方や留学生の皆さんと話せたのも嬉しかったです。僕は高校2年生で、オープンキャンパスなどに行ってみようかなぁと思っているのですが、行ったことがないので不安がありました。でも今回の七夕パーティーに参加して、大学の雰囲気ってこんな感じなんかなぁというのが、なんとなくわかった気がしました。とても楽しく、為になりました。

○2年生の長谷川大樹君のコメント
 七夕パーティーに参加させていただきありがとうございました。去年も招待していただいて、今年もとても楽しみにしていました。大学の先生や大学生の方と喋ったり、食べ物を食べたりして楽しく過ごせました。ありがとうございました。