学長・野風草だより

No.717

No.717 2016年7月15日(金)

新入生特殊講義で卒業生の活躍を伝える

 私の新入生特殊講義は、84年の大経大の歴史と初代学長黒正巌の学問と精神を伝えるものです。いわゆるUI(University Identity)という科目です。学歌を毎回歌います。今年はとくにグループワークにも力を入れました。122名の受講生を、大阪市、大阪府、関西圏、四国アイランドなど出身地で分けたり、血液型で集まったり、各種の組み合わせを作って5、6人のグループを作り、入ったばかりの新入生がいろいろな人たちと知り合えるように努力しました。そしてお互いの自己紹介、テーマの議論、みんなの前での発表をしてもらいました。受講生には大変好評でした。

 毎年していることですが、(ゼミ)卒業生に来ていただき、各方面での活躍の様子を新入生に伝えてもらうようにしています。5月11日には新阪急ホテルに努めている江藤小雪さんに外国留学の経験、それを活かして今ホテルのフロントで活躍していることを(彼女には現役の4年生の時にも話していただきました)、5月18日には特別に進路支援センターの黒正洋史部長に就職や資格取得についてお話しいただきました。6月8日の額賀潤二さんの社会活動の話はすでに紹介しました(野風草だよりNo.696)。6月15日には本学野球部監督の山本和作さんに学生時代のクラブ活動やプロ選手の生き方を、6月29日には佐野光さんに起業した経験と京大の大学院で現在勉強している状況を話していただきました。最後は7月15日に佐田丈志さんに民間会社で働いてから高校教員になった経験を熱く語ってもらいました(野風草だよりNo.692)。
 こうして新入生が卒業生の多様な活躍を知ってもらうことで、これから4年間の大学生活をそれぞれに目標をもって過ごしていくサポートになれば、ありがたいことです。お忙しい中、お話しいただいた皆さん、ありがとうございました。

 江藤さんの話には、私もジャンプアップ奨学金を使って留学してみようかなと勇気をもらった。外国に留学したことで、逆に日本の文化や歴史の大切さを知ったという話はナルホドと思った。山本監督の話で一番心に残ったのは、プロとアマの差、アマの一流と三流の差は、「言い訳をしない」という言葉のようでした。さすがプロで頑張ってきた体験が語ることでした。
 佐野さんの話では、失敗を恐れずにチャレンジしていく行動力に、学生たちは驚いていました。そして、皆さんにビッグなプレゼントをします。100万円、皆さんにプレゼントしますから、起業の企画書を書いて私に送って下さいという提案に、学生たちはええっ!、マジ?本当なんです。佐野さんのコメントの横の写真は、彼が起業して経営しているBARの様子です。佐田さんは、「ピンチはチャンス」、「迷ったらGO、迷わなかったらNO」、「道で迷ったら、困難な道を選べ」、「一番の失敗は、失敗を恐れて何も行動しないこと」など、学生たちにたくさんの元気が出る言葉を伝えてもらいました。佐田君のコメントの横の写真は、ゼミ13期(2001年度卒業)の同期生の島野良太君と一緒に、数年前に京都で一緒に飲んだ時のものです。島野君も何年もかかって小学校の教員になりました。

○佐野 光さんのコメント
 私は大経大のOBとして新入生に向けて「人生」というテーマで講演させて頂きました。ほとんどの人がそうであるように、私自身の人生も脈絡のない出来事の積み重ねによって構成されているため、それを「風が吹けば桶屋が儲かる」になぞらえて「実家が全焼したら京大生になる」というタイトルでお話させていただきました。もちろん全て実話です。一言に集約すると、人生は一言に集約できないというお話です。役に立たないと思われているものが大きな役割を果たしていたり、脈絡のない出来事が実は繋がっていたり、とにかく行動を起こすことで未来の自分はどこへでも行ける可能性を持っている、ということが私の伝えたかったことです。
 「この勉強に何の意味があるの?」「その行動にはどんなメリットが?」こういった思考は合理的かつ効率的で、便利な尺度ではあるものの、その「ものさし」だけでは測れないものもたくさんあります。その勉強がなんの役に立つのかは、学んだ人にしかわからないし、その行動の価値も、行動した人にしかわかりません。つまり、リンゴを買うような等価交換にはなり得ないのです。しかし、その不確実性こそが自分をどこまでも運んでくれるのだと私は信じています。私はそれを大経大でたくさん学ばせていただきました。

○佐田丈志さんのコメント
 母校で自分の経験談を講演させて頂く機会を与えていただきありがとうございます。いつも、高校生相手に話しているですが、大学生相手ということで緊張しました。伝えたいことの半分程しか伝えられず、在学生には申し訳なかったです。今回、講演の依頼を頂いて自分の人生を振り返ってみたのですが新しい気づきが沢山あり、この機会で自分が一番成長させて頂いきました。
 在学生への伝言:失敗を恐れずにチャレンジして下さい。失敗から学べば良いのです。失敗を恐れて何も行動しないのが一番の失敗です。行動を起こしして未来を変えよう!