学長・野風草だより

No.742

No.742 2016年10月16日(日)

バスケ・ラグビー・アメフト・バレーの各部の活躍

 全国大会への切符を手に入れたクラブもあれば、現在獲得に向けて、戦っているクラブもあります。9月11日は、本学の体育館でバスケットボール部の試合がありました。相手は強豪の京産大です。本学体育館での試合でしたので、OBなどはもちろん、保護者の皆さん、そして他のクラブの部員たちも応援に駆けつけてくれました。こうして同じ体育館で練習している選手たちが、応援し合えるようになるのは、本当にうれしいことです。さらには選手たちの友人もいるようでした。スポーツ・文化振興課では、本学で行われる試合の一覧を掲示板に掲げています。バスケ部の女子マネージャーたちは、5日の成績発表の時に、応援に来てくれるようにチラシを配っていたとも聞いています。こうした地道な活動が、本学のスポーツクラブへの盛り上がりにつながっているのです。試合は、82対66で京産大を撃破しました。

○バスケットボール部 主将 大原 俊祐君のコメント
 体育会バスケットボール部は目標をインカレとし日々練習に励んでいます。今はリーグ戦の真っ只中で、まだ選手一同望みを持って臨んでいます。例年に無く一部リーグは混戦していますが、今後の試合で結果が変わってくるので、今後とも応援のほどよろしくお願い致します。

 9月18日は、摂津グランドでラグビーの試合がありました。リーグ初戦、相手は神戸大。前半は7対14。いけるぞ!ところがずるずると簡単にトライを許してしまい、後半はノートライで、7対43の完敗。今年は、1年生でスポーツ推薦以外の学生も入ってきて、活気づいています。練習を見てても、顔つきが以前とは違っているように思います。夏の菅平など、広田監督、織戸、山本、川崎コーチのもとで、厳しい練習をしてきました。まだ、勝利には結びつかないけど、毎試合1つでも多くトライを取り、相手をタックルで倒して、前進して欲しいものです。

○ラグビー部 主将 西川 諒君のコメント
 今年度のラグビー部の目標は、関西ラグビー大学リーグBリーグで3位になることです。昨年度はなかなかチームがまとまらず、10位という悔しい結果に終わってしまいました。しかし、負ければ下位リーグとの入れ替えが行われるという試合で、チームとして力を発揮でき、Bリーグに残留することができました。今年度は新コーチを迎え、練習内容もより濃いものとなり、キャプテンを中心として日々取り組んできました。また、大阪経済大学ラグビー部の新しい伝統を創出するという意識でチーム強化に取り組んでいます。今まで練習で行ってきたことを試合で活かし、良い結果が出せるように精一杯頑張りたいと思います。今後ともご声援のほど、宜しくお願い致します。

 9月22日、京都の宝ヶ池球技場は大雨。しかし、アメフトの試合はあります。大きな傘と雨具を用意して出かけました。相手は徳島大学。41対14で勝利。余裕の試合運びでしたので、まあ濡れてもいいかの気分でした。10月8日は、神戸の王子スタジアムで、京都工繊大との試合です。第1Q、相手の鋭い出足にディフェンスがついていけず、いきなりタッチダウンを奪われます。第2Qも工繊大ペースで、何とか1タッチダウンを返して、7対14。ハーフタイムショーでは、チアリーダー部が、華麗な演技を見せてくれました。1年生がたくさん入り、迫力が出てきました。
 チアリーダーたちの応援のおかげでしょうか、第3Q開始早々、キックオフリターンで60ヤードの独走。すばらしい!!!14対14。いけるぞ!ところが、QBの原選手がQBサックにあって、腕を骨折。ええっ・・・もうここは引き分けでも十分だと思いました。ところが代わりのQBで出た藤本選手が活躍。じりじり前進します。第4Q。あわやタッチダウンパス、不成功。ここはFGで。今までならこんなシチュエーション考えられなかったな。入れよ!FG、成功、逆転。そのままディフェンス陣が頑張り、インターセプトして、攻撃権を取り、カウントダウン。勝ちました。これで開幕3連勝。BOMBERS、強いぞ、2部昇格を目指して、次は強敵追手門学院大学、頑張れ!近藤監督はじめコーチ陣の皆さん、選手の皆さん、女子マネのみんな、応援してるよ。

○アメリカンフットボール部 主将 新田達也君のコメント
 今年度私たちは『挑越』というスローガンを掲げ、2部リーグ昇格を目指し日々活動しています。また今年度から学生主導の方針を取っており、ただやらさせられる受け身の姿勢から自ら考え、取り組む積極的な姿勢をとることをチーム方針とすることで個人、チーム力の向上を目指しました。そのため1人1人が高い目標を持ちそれに挑み、前の自分を越えて言って欲しいという意味を込めて『挑越』というスローガンにしました。高い目標を持つことで1人1人大きく成長できたと思います。そして今年度は、パワー溢れるラインと俊足のランニングバックのオフェンスに注目していただき、何としてでも2部リーグ昇格を果たしたいと思いますので応援よろしお願いします。

 9月25日の硬式野球部の試合(野風草だよりNo.740)の前に、近くの京大体育館で、バレーボールの試合があったので応援に出かけました。相手は大阪教育大学。2セット連取して、このままいくかと思いましたが、第3セット、大量にリードされて、このセットは負けかとあきらめました。ところがここから粘って、最終25対23で勝ちました。強いな。
 そして、10月16日は、京都教育大学で、大阪国際大学との対戦。ここまで3校がと同率1位で、ここで勝てば、2部昇格に前進です。しかし、相手は荒っぽいですが強い。2セット取られ、3セット目。頑張り、25対22で取りました。今までならズルズル行くところを粘れるようになりました。4セット目は取られて敗北。これで1位での自動昇格はなくなりましたが、まだ入れ替え戦があります。あきらめない、最後の最後まで頑張ろう、応援してるよ。2つの試合とも、選手の友人の女子学生が応援に来てくれていました。こうして応援の輪が広がっていくのは、いいですね。

○バレーボール部 主将 岡本 浩充君のコメント
 常日頃からバレーボール部を支えて頂きありがとうございます。日々、今季のリーグ戦を終える度に大学関係の皆様をはじめ、多くの方々に応援して頂いていることに感謝、実感しています。前回の春季リーグ戦では、5位という結果に終わり悔しい思いをしました。その悔しさを忘れずに練習に励み、この夏期休暇で力をつけて秋季リーグ戦に臨むことが出来ています。そして現在行われている秋季リーグ戦では、開幕4連勝しており、チームの長年の目標である「2部昇格」に近づいています。残りの試合も大経大バレーボール部らしく戦いと思います。まだまだ未熟なところが目立つチームではありますが、全力でプレーしていきたいと思いますので、応援宜しくお願いします。