学長・野風草だより

No.773

No.773 2017年3月8日(水)

大学の活躍を学外のメデイアが紹介

 今年の入試総志願者数は、20,153名となり史上最高となりました。5年連続で増加しました。1991年に19,942名でその後落ち続け、1999年には8,865名と1万人を割りました。18年かかって、2万人台を初めて実現しました。卒業率は86.0%、4年間で卒業するストレート卒業率は90.1%で、記録を取り出してからは最高となりました。ストレート卒業率は2008年の72.7%から8年連続で上昇し、遂に90%を越えました。就職率の最終数字はまだ出ていませんが、90%近くまで行くものと思われます。2009年のリーマンショック以前は、2003年の93.2%を最高に90%台を維持していましたが、ほぼ回復してきたと言えるでしょう。

 こうした成果は、学生目線で毎日の仕事に励んでいただいている教職員の皆さまのおかげです。一朝一夕に実現するものではありません。ありがとうございます。本学の教育内容の充実が、徐々に学外に浸透しだしています。ベネッセの雑誌Betweenでは、入試・教務・進路の3部長が登場して、本学の教育内容を紹介しています(リンク)。日頃より本学の教育のご支援いただいているベネッセ、進研アドの皆さまに感謝いたします。

<出典>
Between20172-3月号((株)ベネッセコーポレーション/(株)ベネッセ i-キャリア/(株)進研アド 発行)より

 私立大学協会の「教育学術新聞」第2678号(2017.3.8)の「大学は往く 新しい学園像を求めて <168>」には、私のインタヴュー記事が掲載されました(リンク)。本学は私立大学協会の会員で理事校ですが、私大協に感謝申し上げます。こうして「王道」の教育内容が、学内外に紹介されていくことは、うれしい限りです。