学長・野風草だより

No.782

No.782 2017年4月5日(水)

外部評価機関による「適合」の認定

 このたび大阪経済大学は、公益財団法人大学基準協会による認証評価を受け、本大学が「大学評価の基準に適合している」との認定を受けました。なお、この認定評価期間は2017(平成29)年4月1日より2024(平成36)年3月末日までの7年間となります。今後も大阪経済大学では、同協会からいただきました長所につきましては、より一層の充実を目指すとともに、助言として提言いただきました事項につきましては、改善に努めてまいります。
 この間、お世話いただいた関係者の皆さまに心から感謝いたします。とりわけ取りまとめにご苦労いただいた桑原武志自己点検実行委員長、事務局の皆さま、ご苦労様でした。本学が提出した「自己点検・評価報告書」および大学基準協会からの「大学評価(認証評価)結果」については、下記にアクセスしてください。以下は、総評において長所として評価していただいた内容です。

 貴大学の取組みとして、人間科学部の初年次教育において、人間関係作りと関係能力を高めるためにキャンプ実習が行われていること、 全学的なゼミ対抗の研究発表会である「ZEMI-1グランプリ」を行い、 学生の視野を広げるとともにゼミの活動の活性化につながっていることは、特徴的な教育活動といえる。
 また、日本経済史研究所や中小企業・経営研究所の活動が経済史、中小企業・経営分野の研究を促進していること、高齢者の健康増進を目的とした「きさんじ塾」や「大経大キッズカレッジ」などの活動を通じて大学と地域の交流を深めていることは、社会貢献としても大きな役割を果たしており、評価できる。

自己点検評価・報告書(PDF)
大学評価(認証評価)結果(PDF)


○自己点検実施委員長の桑原武志先生のコメント
 公益財団法人大学基準協会による大学評価を受審して「大学基準に適合していることを認定」されました。認証期間は2017年4月1日から7年後の2024年3月末日までとなります。今回指摘された努力課題を中心に、今後、「卒業認定・学位授与の方針」、「教育課程編成・実施の方針」、「入学者受け入れの方針」のいわゆる3ポリシーの見直しをはじめ、学習成果をはかる指標の開発など、本学の教育の向上に取り組み、2018年度に始まる第3期認証評価にそったさらなる自己点検・自己評価活動に取り組んでいく予定です。