学長・野風草だより

No.812

No.812 2017年8月9日(水)

3大学交流で本学が完全優勝

 東京経済大学、松山大学との3大学交流大会は2003年から始まり、今年で14回目となります(野風草だよりNo.264399506633720)。ハンドボールと英語スピーチコンテストで、3大学が交流し、競い合いました。8月8日は、夕方から学生委員長や学生部職員らによる情報交換会を行い、18時半から開会式と懇親会を行いました。翌9日、ハンドボール大会の3試合と、英語スピーチコンテストが行われました。
 ハンドボールは、東経大に21対17で接戦をものにし、続けて行われた松山大とも23対21で逃げ切り、優勝しました。2試合連続で体力的にもしんどかったと思いますが、さすが全国大会52度出場、32年連続出場の実力です。若吉学生委員長とともに大きな声をあげて、応援しました。英語スピーチコンテスト終えたE.S.S.部の面々も懸命に応援しました。

 英語スピーチコンテストは、各大学から3名ずつが、グローバル化のメリット・デメリット、外来語のこれから、クールジャパンの3テーマから選んでスピーチを行い、競い合いました。宮内すずかさん、満田翔太郎君、岩本良太君は、1番目のスタートにもかかわらず上がることもなく、7分のスピーチ時間を身振り手振りを交えて、ほとんど原稿を見ずにスピーチしていた姿が印象的でした。そして、見事団体優勝、個人最優秀賞を獲得しました。
 この数年、本学は優勝できていなかったので、閉会式・表彰式では堺東京経済大学長、溝上松山大学長と懇談をしながら、ちょっと自慢でした。お世話いただいた学生部の皆さんに感謝いたします。

○体育会ハンドボール部 主務の山西洸貴君のコメント
 毎年本学と東京経済大学、松山大学で行われる三大学交流大会ですが、今年は東京経済大学で行われ、ハンドボール部とE.S.S部が参加しました。懇親会では、美味しい食事を頂きながら他大学の部員とも交流が持て、大会では大阪経済大学の両部ともに優勝することが出来ました。このような交流会の場に参加できる機会は多くないので、自分が在学中に参加し良い結果を残すことができ、個人としても部としても、とてもいい経験が出来たと思います。また今後もこのような機会があれば是非参加したいです。この度は、貴重な大会に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。

○学術会E.S.S部部長の宮内 すずかさんのコメント
 まず始めに、この度はこのような機会を設けて下さった、学長はじめ大学の職員の方々にお礼を申し上げたいと思います。今まで、英会話やTOEICを中心に活動してきた私たちE.S.S部がスピーチをするということは、今回が初めての挑戦でした。何も分からないとこからのスタートで、不安ばかりで本番を迎えましたが、部員のサポートと努力、そして顧問の重光先生や大学職員の方の支えがあったお陰で、個人、団体という2つの部門で、優勝という栄誉ある成果を得ることが出来ました。この経験を踏まえて、これからも部活動に励み、良い成績を数多く残せるような部活にしていきたいです。この度は貴重な交流会に参加させていただき、ありがとうございました。