学長・野風草だより

No.815

No.815 2017年8月25日(金)

準硬式野球部、全国ベスト4の活躍

 準硬式野球部は、昨年の全国大会清瀬杯で優勝しました(野風草だよりNo.729)。続く秋リーグも優勝し、そして今年の春リーグも連続優勝でした(野風草だよりNo.790)。その強さは、本物です。清瀬杯より1ランク上の全日本大会に優勝を目指して、臨みました。高松での試合、学生部職員、吹奏楽総部、チアーリーダー部とともに、総勢100名で応援しました。第1戦は、3対0で札幌大学に完封勝ち。今一つタイムリーが出ませんでしたが、エース木村がシャットアウト。2回戦は、北海道大学に9対1の完勝。7回裏の相手投手が変わったところで猛打が爆発しました。
 保護者の方々も来ています。OBも駆けつけてくれています。私の4年生ゼミの女子学生も、ゼミ仲間が出場しているので岡山から来てくれました。同窓会の香川県支部の鈴木支部長はじめ数名の方も応援、そして学生たちに清涼飲料水の差し入れがありました。お心遣いに感謝いたします。攻撃中は、吹奏楽総部とチアーリーダー部が懸命に応援し続けます。「カッセー、カッセー、経大」、「××たおーせ♪、××たおーせ♪」など、スタンドが一丸となって、ALL大経大の声援でした。体育会本部からも来てくれました。うれしいな。和泉本部長の試合の始めと終わりのエール、カッコ良かったぜ!

 私たちは、この2つの試合の応援で、申し訳ないんですが大阪へ戻りました。選手たちは、翌日中京大学との準々決勝でした。5対4で逃げ切りました。強い、強い!!!連盟の速報を見ながら、ヒヤヒヤしていましたが、勝って試合終了でバンザーイです。準決勝は、昨年日本一の中央大学です。ここを突破できれば、私は明け方に京都を出発して、26日9時からの決勝戦に駆けつけるつもりでした。何せ日本一がかかっているんやから。

 いきなり中川のホームランで先制しましたが、その後逆転され、中盤以降追いつけず、2対5で残念ながら負けました。優勝は、4対3で中央大学を破った同志社大学でした。同志社大学には、春の関西選手権で2対4で敗れています。実力は紙一重でしょう。
 準硬式野球部の皆さん、よく頑張ってくれました。清瀬杯優勝、秋・春リーグ連続優勝、全国ベスト4!一歩、一歩、着実に上がってきています。全国屈指の実力校になりつつあります。全国に「大経大あり」と知らしめてくれました。ありがとう。後輩たちよ、残るは「全国制覇」です。掲げる「全員野球」で、来年ぜひ実現してください。中野監督、久保コーチ、尾身部長、平山副部長はじめ関係者の皆さまのご指導、ご努力に心から感謝いたします。
 吹奏楽総部、チアーリーダー部の皆さん、昨年に引き続き、「遠征」での応援ありがとうございました。皆さんの応援の力が、勝利に結びつきました。2つの部とも、今後演奏会や公演を控えて練習に忙しいかと思いますが、さらなる活躍を期待しています。最後にお世話いただいた学生部のスポーツ・文化振興課の皆さまに、感謝いたします。

○準硬式野球部 主務  岡本 克哉さんのコメント
 この度は学校をあげて、暑い中素晴らしい応援をしていただきありがとうございました。スタンドからの声援、チア部さん、吹奏楽部さんの応援のおかげで全国大会ベスト4という結果を残すことが出来ました。ありがとうございました。この結果に満足することなく、今後とも更に飛躍できるよう日々精進、向上していきます。
 
○準硬式野球部 主将 米田 直樹さんのコメント
 この度は全国大会という大舞台で全国ベスト4入りとなる事ができ非常に嬉しく思います。メンバーは25人ですが学校関係者、吹奏楽部、チア部の方々の応援が無かったらここまで来れてないと思います。暑い中、応援ありがとうございました。この結果に甘んじる事なく2期連続全国大会に出場出来るよう日々精進します。
  
○チアリーダー部 久門 瑞季さんのコメント
 準硬式野球部の皆様、全国大会ベスト4おめでとうございます。
 今回、準硬式野球部さんの全国大会出場が決定し、チアリーダー部も応援に行くと知らせを聞いた時はすごく驚き、また同時にどんな試合、どんな応援雰囲気になるのかワクワクと心待ちにしていました。また吹奏楽総部さん、準硬式野球部さんとの合同練習ではスムーズに合わせることができ、試合日が近づくにつれ気持ちの良い緊張感も持つことができました。
 当日は選手の皆様の一生懸命な姿によりいっそう心動かされ応援席では合同練習の時以上に盛り上がりました。全国ベスト4という結果を最終日まで応援席で応援することはできませんでしたが、二日間の応援は素晴らしい忘れられないものとなりました。選手の皆さまの懸命な努力と多くの人々の支えが合わさってこその結果であり素敵な応援になったのだと思います。私たちも自然と笑顔になれる応援でした。本当にありがとうございました。今後の応援活動も精一杯頑張りますので、ご声援の程よろしくお願い致します。

○体育会本部 本部長 和泉 智也さんのコメント
 私は、体育会本部本部長として初めて準硬式野球部の応援をさせて頂きました。そこで感じたことは、大阪経済大学としての誇りとチームメンバーの団結力、みんなで戦っているという強い気持ちが伝わりました。優勝は惜しくも逃してしまったが、ベスト4という素晴らしい結果を残しました。チーム全体が「大経大PRIDE」を意識し、努力したのがでた試合だったように思います。また、自分自身も貴重な経験をさせて頂き、人として大阪経済大学の学生としてとても成長することが出来ました。この経験からもっと大阪経済大学の体育会部活動を活発にしていき更なる向上へとつなげていきたいと思います。