学長・野風草だより

No.825

No.825 2017年10月10日(火)

献血活動に協力するボランティアクラブ

 本学では、日本赤十字社の献血活動に積極的に協力しています。毎回たくさんの学生さんたちが献血してくれていることに、感謝いたします。日本赤十字社から長年の献血活動に対して、表彰をしていただいていますし(野風草だよりNo.158309)、ラクロス部の協力に対しても感謝状をいただきました(野風草だよりNo.807)。地道で目立たないところで、本学の学生たちが活躍していることを誇りに思います。
 この日も、課外活動の壮行会をしている横で、学生たちが献血への協力を呼びかけていました。春にも紹介しましたが(野風草だよりNo.791)、ボランティアクラブの学生たちでした。声を掛けて、ありがとうとお礼を述べました。皆さんの活動が、「マナーの大経大」「ボランティアの大経大」を作っていきます。これからも応援していきます。この日は、申込者が63名で、採血者は52名でした。因みに私は、1か月前にフランス・中国と海外出張をしていましたので、遠慮しました。ところが赤十字社の方に4週間過ぎていれば、OKですと言われました・・・・・

○ボランティアクラブの経営学部2年生の沖田竣哉君のコメント
 私たちは日々、社会貢献を第一に考えてボランティア活動に努めています。具体的にどのような活動をしているのかと言うと、主に挙げられるものが、車椅子に乗っている身体的障がいをもった方々への介護や、知的な障がいをもった児童・大人への社会復帰のお手伝いをさせてもらっています。その他には今年から参加させてもらっている献血の呼びかけ、地域ごとにある学童保育のような健常者の子どもの集まる場所での指導員などを行っています。大経大の学生であることに誇りを持ち、私たち自身を磨くことで、「ボランティアの大阪経済大学」と言われるように部員一同頑張っていきますので、今後も何卒温かい目で見守っていただけると幸いです。