学長・野風草だより

No.854

No.854 2018年2月12日(月)

バスケ3×3で、東京オリンピックをめざす

 バスケ部の木下真吾君は、高校3年生、本学に入学してからもバスケ3×3の日本代表として活躍していました(野風草だよりNo.510)。1月29日、挨拶に来てくれました。これから本格的に3×3の舞台で、東京オリンピックをめざす決意を語ってくれました。大経大からオリンピック選手が出る!!!すごいですよね。かつてアイススケート・ショートトラックの上村大輔君が、最終予選までいき、あと半歩で涙をのみました(野風草だよりNo.428)。現在、木下君は協会の強化選手に入っています。今後強化合宿などで絞り込まれていき、最終代表4人が選ばれるそうです。是非ともがんばってほしいですね。
 2月12日、堺市の美原体育館へ大阪府大会の応援に参りました。実際に見るのは初めてです。半分のコートでシュートを競っていきます。NKSという八尾のチームとして出場していました。上位8チームによる決勝トーナメントでしたが、最初の2つは楽勝でした。しかし、決勝は最初の5分ほどは相手の強引な攻めに得点を入れられ、調子に乗れず引き離されていきます。絶対優勝するものと思っていたのに、これやばいんちゃうのという雰囲気・・・・5点差、1点差、どんどん詰めていきます。やっと同点、でも時間がない、相手のファウルを誘い、フリースロー、逆転!!!最後、17対16で優勝しました。心臓に悪いぜ・・・おめでとう。東京オリンピックへ一直線!!!

○バスケ部・木下真吾君のコメント
 2月に行われた3x3の大阪予選では接戦を制して優勝することができ、日本選手権の出場権を獲得することができました。しかし、まだまだ改善できる点が多くあるので、5月末に行われる日本選手権に向けてしっかりと調整していきたいと思います。日本選手権では全国から強いチームが集まるため厳しい戦いになると思います。去年は決勝リーグの1回戦で敗退となってしまいましたが、今回の日本選手権で去年の借りを返したいと思います。
 また、3×3は東京オリンピックから正式種目になったので、東京オリンピック出場を目指し、これからも精進していきたいと思います。応援よろしくお願いいたします。