学長・野風草だより

No.887

No.887 2018年8月4日(土)

大桐カーニバルで活躍する学生たち

 大桐地区の夏祭り、大桐カーニバルは今年で43回目です。本学学生たちは、2013年より山本俊一郎ゼミが屋台を出し、硬式野球部員が自転車整理をしていましたが(野風草だよりNo.398728など)、今年はさらに「はてにゃん。」が登場しました。大桐地区のゆるきゃら「だいどうさん」、東淀川区の「みのりちゃん」も一緒でした。子供たちに大人気で、さわってみたり、握手したりと大忙しでした。今年は、「ゆるキャラグランプリ2018」のエントリーしています(エントリーNo.572 因みに8月28日付けで303位)。投票期間は、2018.8.1~11.9の3ヶ月間で、PCタブレットやスマホから、ID登録した上で、1日1回投票が出来ます。皆さん、どんどん投票して、グランプリをGETしよう!!!

 山本俊一郎ゼミは、焼きそばで頑張っていました。3年、2年のゼミ生たちが汗だくで焼いていました。相当売れたそうです。さらに今年は吹奏楽総部が迫力ある演奏で会場を沸かせ、邦楽部が尺八や三絃の演奏をしっとりと聞かせました。硬式野球部員は、大桐小学校の外の駐輪場で自転車整理に奮闘してくれました。こうして地域と本学のつながりが、例年以上に深まっています。地区のの松尾会長も大変喜んでおられました。学生の皆さん、はてにゃん。猛暑、酷暑、炎暑の中でご苦労様でした。

○邦楽部部長の今北圭祐さんのコメント
 今回の大桐小学校での夏祭りに参加させていただき、誠にありがとうございました。今回のイベントは私達にとって初めての試みでしたので、進行や準備等が上手くいかなかったりしてご迷惑をおかけした部分もあるかとは思いますが、それでも祭の運営陣の皆様のサポートのおかげで楽しく演奏することができました。他の団体様の出し物を見させていただいたり、屋台の方も回らせていただき、私達自身も楽しませていただきました。
 また、11月の演奏会(響)の宣伝をしてくださってとてもありがたかったです。おかげさまで私達もより一層演奏会に対するモチベーションを上げることができました。今回のイベントでの経験を少しでも活かせるよう努めていきたいです。