学長・野風草だより

No.3

No.3 2010年11月6日(土)

高校生フォーラム「17歳からのメッセージ」表彰式

新しく出来た学生会館の2階で、「17歳からのメッセージ」の表彰式が行われました。70周年記念事業の一環として2001年から始まりましたが、10年間継続してきたことで、北は北海道から南は沖縄まで全国の高校から高く評価されています。私が別の用件でお会いした先生からも、「17歳の経大さんですよね」と言われます。この間お世話いただいた広報課の皆さま、審査に当たっていただいた教職員の皆さまに心からお礼を申し上げます。
当日は受賞者はもちろん、保護者、高校の先生まで多数おいでいただき、一人ひとりに賞状を手渡し、その後和やかに歓談しました。グランプリ作品は、本学WEBサイトでアクセス出来ますので、是非お読み下さい。当日のことは、読売新聞の大阪版に11月7日付で掲載もされました。以下は、パンフレットに書き、当日お話した内容です。

「高校で考えたこと、大学で学ぶこと」

応募していただいた高校生の皆さん、ありがとう。2001年に始めた「17歳からのメッセージ」は、ちょうど10年がたちました。初めて出してくれた高校生も27歳となり、元気に過ごされていることでしょう。
この10年で寄せられたメッセージは、合わせて266,000通にも及びます。最近では毎年400前後の高校から応募があります。あらためて、この間お世話になりました高校、関係者の皆さまに御礼申し上げます。
「今までの自分、これからの自分」というテーマは、ずっと変わっていません。自分を見つめなおした皆さんが、社会の中で「ふれあい」「つながり」「はたらく」姿を想像しながら、「今、伝えたいこと」を発信してきてくれました。ありがとう。
私たち経大の教職員は、毎年30,000通にも及ぶ皆さんのメッセージを受け取り、一つひとつ読んで、若い人たちの気持ちを知ろうと努力してきました。文章にならない苛立ちや悩みも感じることが出来ました。
「生きることでなく、よく生きることをこそ、何よりも大切にしなければならない。」と言った大昔のギリシア人がいます。「吾が道は、一を以って之を貫く。」と言った大昔の中国の人がいます。さて、誰でしょう?私たち経大の初代学長黒正巌(こくしょういわお)博士は、「道理は天地を貫く」と言いました。
これから大学で、古今東西の思想に通底する核心(よく・一・道理)に触れ、学問する喜びを味わってみませんか。そして、皆さんの悩みや苦しみの答えを探してみませんか。