学長・野風草だより

No.106

No.106 2011年6月18日(土)

後援会理事会で保護者の皆さんと懇談

この日は、すごく忙しい一日でした。12時より日本経済史研究所の『経済史研究』編集委員会に出ました。私の先輩にあたる京都大学農学部の野田公夫さんが久しぶりに来られたので、学内の案内などをしました。その後1時から日本産業技術史学会の全国大会が本学で開催されたので、歓迎のあいさつをしました。学会の理事をされている経営情報学部の高松亨教授とのご縁です。そして4時から後援会の理事会、終了後は懇親会。そして最後に8時頃より、経済史研究会で研究報告された青山学院大学の飯島渉さんらと、しばしお酒を飲みながら研究交流をしました。数年前に『「帝国」日本の学知』第7巻(2006 岩波書店)でご一緒したつながりです。

さて後援会では、最近の大経大の活動の様子などを紹介しました。とくに在学生の皆さんが、「大経大に来て良かった」 と思えるような大学作りをめざしていることを強調しました。“DAIKEIDAI PRIDE”です。終了後は、理事の皆さんと和やかに懇談し、大学への要望や子供さんたちの様子などをお聞きしました。今後とも保護者の皆さまとのつながりを深めていきたいと思います。