学長・野風草だより

No.109

No.109 2011年6月24日(金)

教員採用試験に向けての壮行会

教員をめざす学生たちは、頑張っています。6月の教育実習を経て、さらに教職への夢が膨らんだことと思います。7月からの教員採用試験に向けて、簡素ではありますが教職事務の方々のご努力で、G65教室で壮行会を催しました。急なことだったので、学生は5名しか参加できませんでしたが、大樟教育研究会の真鍋、山川、川口、西村の4先生も来られて、激励をしました。教職の柏木先生、資格講座と教務の職員も駆けつけてくれました。みんなの期待度の高さがわかります。昨年の数年ぶりの1名現役合格から、今年は複数名、もっとたくさん、いや全員合格して欲しい!

「試験まであと一か月しかないですが、十分に復習して最高の状態で受けたい。」「教育実習に行って思うように出来ず、悔しい思いをしたが、逆に是非ともなりたいと思うようになった。」「教育実習を終えて、やっとなりたいと思う気持ちが高まってきた。」「小さい頃からの夢なので、何とか合格したい。」「全部で5府県を受験するが、何とかしてどこかで合格したい。」と、それぞれの学生が決意を語ってくれました。

教職の事務の方は、写真のようなお守りを渡していました。京都まで行って、合格祈願してくれたのです。ある学生は、ペンケースに付けていました。願いは通じるよ!